成果報告書詳細
管理番号100013444
タイトル平成19年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07A21005a 改変型核内受容体を用いた新しい環境リスク評価手法の開発 平成19年度中間
公開日2009/4/16
報告書年度2007 - 2007
委託先名岐阜薬科大学中西剛
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約有機スズ化合物と既知のRXRリガンドとの構造の違いから推察されるRXRへの結合様式の違いに着目し、9-cisretinoicacid(9cRA)などの天然のレチノイドには全く反応を示さなくなる変異RXRの作成を試みた。そのデザインを行うために、TPTが結合したホロRXRのX線結晶構造解析を行っているところである。これとは別に、既に我々は9cRAが全く反応しない変異RXRを見出しているが、この変異RXRに対する強力な合成RXRリガンドの反応性について培養細胞を用いたレポーターアッセイを用いて検討を行ったところ、変異RXRは合成RXRリガンドにもほとんど反応を示さなかった。この変異RXRを酵母two-hybrid系に適用するために、最適な転写共役因子の探索を試みた結果、最適な転写共役因子を見出すことができた。また有機スズ化合物と類似構造を有する化合物や環境中に存在するいくつかの化合物のRXRアゴニスト活性についても検討を行ったが、RXRアゴニスト活性を示すものが存在した。
英文要約We tried to design a mutant RXR transactivated by organotins ,but not a powerful natural agonist, 9-cis retinoic acid (9cRA) to estimate the difference in the ligand-binding properties of RXR based on the structural differences between these compounds. Accordingly, we are studying X-ray crystallography of the holo-forms of RXR binding with TPT to design the mutant RXR. On the other hand, we already found out a mutant RXR which is not activated by 9cRA at all. Additionally, we further revealed the mutant RXR was hardly activated by a powerful synthetic RXR agonist by cell-based assay. Among some co-activators, we could find a optimal co-activator which is suitable for yeast two-hybrid system to evaluate the activity of RXR agonists. We also investigated the ability of various compounds, which are structurally similar to TBT and TPT, or environmental pollutant to bind for RXR. Consequently, we found that some compounds exhibited RXR agonist activity.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る