成果報告書詳細
管理番号100013499
タイトル平成19年度成果報告書 平成18年度第1回採択産業技術研究助成事業 06A25007d 金属疲労しない強靱な鋳造合金の創製 平成19年度中間
公開日2009/4/16
報告書年度2007 - 2007
委託先名国立大学法人東北大学横山嘉彦
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約強靱な鋳造合金を得る目的で過冷し易くナノスケールでの組織制御が可能な合金の開発を行った。今まで得られているZr-TM-Al(TM:Cu,Ni,Co)12種類の標準試料の試験結果から新たに合金設計を試み高延性なガラス化鋳造合金を試作開発した。結果として、従来のアモルファス合金や金属ガラスでは不可能だと言われていた引張塑性伸びを得ることに成功した。本研究成果は、ランダム構造体の密度揺らぎの特長を生かした構造制御技術の可能性を示唆しており、今後の材料開発おいて極めて大きな意義を有している。
英文要約Based on the systematically investigation on Zr-TM-Al cast glassy alloy, we developed the alloy design method to obtain a malleable ductile cast glassy alloy. Ultimately, we have been succeeded in the development of malleable ductile cast glassy alloy with distinct tensile elongation at room temperature. The results develop into the next stage of random structure materials.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る