成果報告書詳細
管理番号100013510
タイトル*平成16年度中間年報 「太陽光発電システム等国際共同実証開発/太陽光発電システム等電力有効利用技術実証研究(PV+揚水)」
公開日2009/4/16
報告書年度2004 - 2004
委託先名東京電力株式会社
プロジェクト番号P92034
部署名新エネルギー技術開発部
和文要約以下本編抜粋:1.研究開発の内容及び成果等(1)研究目的本事業は、ラオスの山間部村落において、太陽光発電と揚水発電を組み合わせた小規模電力系統(ハイブリッドシステム)を構築するものである。これにより、従来は太陽光と組み合わせて使われてきた蓄電池を、環境負荷の少ない揚水式発電で代替する。本研究においては、蓄電池省略効果、小規模系統に対する電力安定供給に関しての検証を行う。(2)研究開発の概要1)太陽光発電+揚水式発電によるハイブリッドシステムの技術的解決太陽光発電を導入する場合、天候等による出力変動の吸収および、系統連系する際に基準となるベース電源が必要となる。従来は、出力の変動吸収に蓄電池、ベース電源にディーゼル発電機を用いていたが、この組み合わせには以下の課題があり、太陽光発電を導入する際の障害となっている。・蓄電池:短寿命、高メンテナンス費用、廃棄物処理等による環境問題・ディーゼル発電機:化石燃料使用による二酸化炭素(CO2)排出問題・発電コスト:遠隔地への燃料輸送による発電コストの上昇本事業においては豊富な日射量・水資源を保有するラオスの地理的特性を生かした太陽光発電と揚水発電の組み合わせによる小規模電力系統(ハイブリッドシステム)を構築する。これにより、蓄電池の省略が可能となり、化石燃料を使わないため環境負荷軽減を実現できる。なお、太陽光発電を系統連系する際に安定性を保つため、小水力をベース電源として利用する。また太陽光および揚水の発電電力量を定量的に把握することにより、蓄電池の省略効果を検証する。さらに、系統の電圧や周波数を随時監視することにより、安定供給力およびトータルな電力供給システムとしての機能を検証する。2)地方電化と経済的評価事業実施国・ラオスの電化率は40%程度と低水準にとどまっており、配電系統外の農村地方への電化対策が喫緊の課題となっている。事業実施後も本システムが継続的に運用されるために、現地調査に基づき最適なプロジェクト運用組織および、集金システムの提案を行う。さらに、本システムを継続的に運用していくために、運転保守技術の現地運転員への移転および実証研究設備を用いた最適な運転方法の検討・提案を行う。(3)研究内容・成果1)現地調査(平成15年度実施完了)研究システム設置サイトに関する調査及びシステムが継続的に運用されるために必要な電気料金システム等提案のための調査を実施した。
英文要約1. Purpose and outline of the Research: Study on this Research is to verify the effect of the hybrid power system between photovoltaic (PV) power and pumped storage power. In this new system, the fluctuation of PV power can be controlled by the pumped storage power instead of conventional lead storage batteries and also the hydropower can be supplied for base-load instead of diesel power conventionally used in PV isolated system. The main purposes of this Research are: *Verification of the effect of omitting conventional lead storage batteries *Verification of the stable power supply in the isolated power system *Technical transfer of operation and maintenance (O&M) skills 2. Progress in FY2003: Site surveys were carried out in October 2003 for the selection of location and design of the system. The construction of the power facilities started from November 2003 and the progress was about 80% as of March 2004. 3.Progress in FY2004: The flood struck the construction site in the middle of May 2004. The restoration and the countermeasure designs for flood were completed in the end of May and the construction thereof implemented in dry season from October 2004 up to the end of February 2005. The Opening Ceremony was held on 11 March 2005, attended by Mr. Tsutomu MAKINO, Chairman of NEDO, Dr. Thongloune SISOULITH, Deputy Prime Minister of Lao PDR, and others. The trial operations started after the Opening Ceremony in the middle of March 2005. On-the Job-Trainings (OJTs) for the Lao operators have been done continuously at the site for the operation and maintenance skills. Technical guidance on the Study Tour in Japan was held in September 2004. Also, in order to achieve sustainable operations in this selected rural area, operational management systems such as institutional organizations, appropriate tariff systems, regulation during monitoring, and O&M manuals, were prepared and proposed to the Department of Electricity, MIH. Further, explanation meetings to the villagers about power failure, details of tariff collection and what the villagers shall know for power usage has been frequently held in FY2004. 4. Schedule in FY2005 (Tasks remained): Data acquisition and analysis will be carried out in FY2005 to verify the effect of the hybrid power system between photovoltaic (PV) power and pumped storage power.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る