成果報告書詳細
管理番号100013514
タイトル*平成19年度中間年報 水素社会構築共通基盤整備事業 定置用燃料電池システムに係る規制再点検及び標準化のための研究開発
公開日2009/4/16
報告書年度2007 - 2007
委託先名社団法人日本ガス協会 財団法人日本ガス機器検査協会 社団法人日本電機工業会
プロジェクト番号P05012
部署名燃料電池・水素技術開発部
和文要約以下本編抜粋:1.研究開発の内容及び成果等1.1事業目的本事業は、以下の検討を行って定置用燃料電池を普及させるために必要な基盤を整備することを目的とする。1小型定置用燃料電池の大規模な導入・普及や技術レベルの進展に対応した既存規制の見直し等に資するための安全確認データの取得2国際標準の提案3製品性能を単一の物差しで評価する試験・評価手法の確立1.2事業概要固体高分子形燃料電池システムの本格的普及に向け、固体酸化物形燃料電池や純水素駆動型固体高分子形燃料電池などの次世代燃料電池も視野に入れた定置用燃料電池についてのユーザーサイドに立った安全性、信頼性等の試験評価手法の確立、システムの簡素化、過剰な安全装置等の省略、低コスト化等のために必要な基準・標準化に係る研究開発を行う。1.3平成18年度の主な実施内容(1)定置用固体高分子形燃料電池に係わる基準・標準化対応固体高分子形燃料電池(以下「PEFC」とする。)の可燃性ガス検知器省略時の安全性試験について、可燃性ガス検知器省略時の代替手法の有効性評価試験に関する検討を完了した。また、PEFCの耐久性に関する試験を継続するとともに、寒冷地への適合性を評価するためのデータ収集を開始した。(2)次世代型燃料電池に係わる基準・標準化対応固体酸化物形燃料電池(以下「SOFC」とする。)及び純水素駆動型固体高分子形燃料電池(以下「純水素PEFC」とする。)の安全性に関し、収集したデータに基づき、安全性試験方法を作成し、安全性評価試験に関する検討を完了した。また、得られたデータは、規制緩和について検討している「小規模燃料電池保安技術検討委員会」(電気事業法)並びに「固体酸化物型燃料電池発電設備等の安全対策の確保に係わる調査検討会公的委員会」(消防法)に提供し、規制再点検に活用された。(3)単独運転検出技術の確立既存の能動的単独運転検出方式の中で、他の方式との間でも相互干渉が起こりにくい方式としてスリップモード周波数シフト方式を選定し、単独及び複数台連系を想定した検出機能の有効性についてシミュレーション解析、論理的評価を実施した。(4)国内外の基準及び標準化に関する情報の収集及び国内外の標準化活動の推進標準化総合委員会等において、国内WGでの検討結果を国際標準(IEC規格)に反映するための活動を推進した。(5)規制当局等の指摘に基づく燃料電池の安全性に関する検証・確認データの収集規制当局や規制再点検の検討を行う公的委員会から、SOFCの安全性に関しての追加データ収集の要請を受け、要請を受けたデータ項目についてデータ収集を完了し、データの提供を行った。
英文要約The standardization of performance test methods and the provision of safety standards are essential for promoting wide use of stationary PEFCs (Polymer Electrolyte Fuel Cells) and introduction of new generation fuel cells, SOFCs (Solid Oxide Fuel Cells) and pure-hydrogen-driven fuel cells. Hence, aiming the provision of necessary foundation for wide use of stationary fuel cells, JGA (The Japan Gas Association), JIA (Japan Gas Appliances Inspection Association) and JEMA (The Japan Electrical Manufacturers' Association) have started the R&D program for deregulation and standardization of stationary fuel cell systems from May 2005. The results obtained in the third year of this program are summarized as the follows: 1. Stationary PEFCs standardization: The data collection has completed according to the method which was made by 2006. And the validity of the draft concerning the durability evaluation methods of the system was studied. For cold region testing methods, an additional standard for outdoor installation was examined compared with the indoor installation. The modified draft was made.Data collection for proving the safety when removing flammable gas detection devices has been completed. 2. New Generation Fuel Cells Standardization: The items that should be examined in consideration of the feature of the small scale stationary SOFCs and pure-hydrogen-driven fuel cells have been extracted. And the draft test methods were made based on those for PEFC(Japanese Industrial Standard). Through the data collection based on the drafts, knowledge for revision and the validity of the drafts was obtained. 3.Islanding Prevention Technology: Investigating by the software simulation on islanding prevention measures for inverters intended to be fixed to grid-interconnected fuel cell power system has proceeded. The comparison between some cases have been resulted. 4.Study of safety requirements and installation standards for small scale stationary fuel cells: The priority was specified after investigating the subjects. The procedure to advance validity verification of drafts about codes and standards was also examined. Through the study, it was confirmed that the obtained result could be reflected in international codes and standards, etc. The aiming outcomes and the practical scenario to the outcomes were summarized. 5. International Standardization Activities: IEC/TC105 plenary meeting was held in Paris in October, 2007. Moreover, for documents circulated by IEC/TC105, Japanese opinions were offered to be reflected to the main draft based on the results of deliberations discussed in domestic WGs.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る