成果報告書詳細
管理番号100013518
タイトル平成20年度成果報告書 エネルギー供給事業者主導型総合省エネルギー連携推進事業 (住宅に係るもの)H17-18年度補助事業者の実施状況の調査
公開日2009/4/16
報告書年度2008 - 2008
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P05014
部署名エネルギー対策推進部
和文要約エネルギー供給事業者主導型総合省エネルギー連係推進事業(住宅に係るもの)』は、エネルギー供給事業者及び地方公共団体等を通して一般家庭の省エネルギー機器の導入を補助する事業である。本調査委託では、平成17-18年度補助事業の実施状況を調査・解析することで、「導入システムの有効性の検証と省エネルギー要因分析」および「広報等事業の整理と今後の提言」を行った。以下に主な結果を示す。[1]平成17-18年度の間接補助事業者(補助金を受けた一般家庭)6113件についてエネルギー消費量等のデータベース化を行った。その際には各補助事業者から提出されたエネルギー消費量総括表を入力するとともに、各補助事業者からの追加資料によってデータ整備を行うことで、データベースの精度向上を図った。[2]作成したデータベースを基に、平成17年度、平成18年度補助事業のそれぞれにおいて省エネルギー効果分析を行った。その結果、平成18年度補助事業では全体で3.4%、既築のみでは5.0%の省エネ実績が得られたことを確認した。また、CO2削減分析や、機器別・地域別にも分析を行うことで、より詳細な検討を加えた。[3]平成18年度の間接補助事業者3997件から約2000件を抽出し、アンケート調査を行った。集計時にはデータベースを利用しクロス集計を行うことで、省エネ世帯/増エネ世帯に現れる傾向や機器別の特徴把握を行った。クロス集計から、ライフスタイルの変化や世帯構成等が省エネ率に大きな影響を及ぼす一方、省エネ達成感と実際の省エネ率の間には乖離が見られる等の傾向が観察された。[4]データベースとアンケート回答をもとに重回帰分析を行い、省エネ/増エネ要因の特定と、各項目が省エネに及ぼす影響の重みについて比較した。その結果、「代替前の給湯機器が電気温水器」「同居人数が変化」「世帯人数の大小」の3つが、特に省エネに与える影響が大きい項目として抽出された。また、貯湯式であるエコキュートについては、運転モードの設定が省エネ達成にあたって重要であることも示唆された。[5]広報等事業にあたっては、平成18年度補助事業者全てにヒアリングを中心に、アンケート調査結果や補助事業者からの提出資料を活用して包括的な整理と分析を行った。その際には、各地域の特徴的な取り組みについては注目事例として列挙するとともに、広報活動を「間接補助事業者の募集活動」「間接補助事業者に対する省エネ関連情報提供」「地域に対する省エネ啓発」と目的別に分類し、各補助事業者の実施事項についてマトリックスによる整理を行った。[6]広報等事業に対する今後の提言としては目的別に以下のことが挙げられる。(A)間接補助事業者の募集活動:NEDOの交付決定を待って直ちに事業を開始できるような事前準備(交付決定前の公募活動は不可)、地域住民への省エネ意識高揚のアピール(B)間接補助事業者に対する省エネ関連情報提供:需要家のレベルに応じた情報提供、省エネ意識の経年的な低下を防ぐための情報コンテンツの工夫。(C)地域に対する省エネ啓発:市民の利用頻度の高い場所での継続的な活動、親子向け体験型イベントの開催といった無関心層に対する働きかけの工夫、自治体の環境・エネルギー政策との連携、広報活動に関するノウハウの共有。
英文要約"The Project for Promoting Energy Provider-led Integrated Energy-saving Cooperation (for household)" was organized by NEDO, which subsidized individual households partially covering the purchase/installation costs of high-efficiency energy system via energy providers and municipalities in 2005 and 2006. The purpose of this research is to clarify and to evaluate the effectiveness of this promoting project with an analysis of energy conservation results and public relation activities. The major findings of this study are briefly shown as follows;[1] Based on data submitted from energy providers, the energy consumption database was developed, which included actual energy consumption data and background data of each household before and after this project. Also, supplemental data was gathered from energy providers in order to enhance accuracy of the database. [2] Energy conservation analysis was conducted by region and the apparatus type based on the database. The result showed 3.4% and 5.0 % of energy reduction rate was observed for entire participants and participants in existing home respectively. Analysis of CO2 emission was additionally conducted from the results in 2006. [3] The questionnaire was sent to the approximately 2,000 randomly selected households out of 3,997 participants in 2006 project. Characteristic tendency of energy conservation rate and each apparatus was examined by using cross-tabulation method. It was observed that the change of lifestyle and household composition greatly affected energy reduction rate. In addition there was an unconscious gap between sense of achievement for energy conservation and actual energy conservation rate. [4] Multi-regression analysis was performed based on the database and the questionnaire for quantitative evaluation of energy conservation factor. According to the result, it was implied that three factors hugely affect energy conservation rate; (A) using electric water heater before installation of the apparatus, (B) change in the number of family member, (C) the number of family member at present. [5] Public relation activities of the project were comprehensively summarized on the basis of interviews to energy providers and municipalities, the answer of the questionnaire, and so on. Publicity works were classified by its objective into three types, "Recruiting" "Information service" "Outreach". Matrix was composed with three classifications. [6] The proposals for future improvement of public relation are shown as follows; (A) Recruiting - Advanced preparation to start recruiting just after NEDO's decision on delivery and enlightenment activities for energy saving to general residents. - recruiting in itself before NEDO's decision is inhibited. (B) Information service - backup and instruction of proper usage of apparatus, feedback to residents for maintaining their interest in energy conservation.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る