成果報告書詳細
管理番号100013519
タイトル平成17年度-平成19年度成果報告書 新エネルギー技術研究開発 バイオマスエネルギー高効率転換技術開発(転換要素技術開発) バイオマスの高効率セメント燃料化技術の研究開発
公開日2009/4/16
報告書年度2005 - 2007
委託先名住友大阪セメント株式会社
プロジェクト番号P07015
部署名新エネルギー技術開発部
和文要約石炭を主燃料として利用しているセメント製造設備で、バイオマスを燃料として利用するため、バイオマス4種(木屑、下水汚泥、食品残渣、鶏糞)について、燃焼性試験をおこない、含水率および粒度が燃焼性におよぼす影響を評価した。含水率が低く、粒度が細かいほど燃焼性は良好であり、NOx排出量は粒度が細かいほど少ないことがわかった。これらの結果から、バイオマスは乾燥、粉砕などの適正な前処理により、セメント製造設備において燃料として有効に利用できることが確認できた。バイオマスを実機で利用するための前処理システムを検討するため、バイオマスの乾燥および粉砕の特性を評価した。その結果を踏まえて、セメント製造設備における、廃熱を利用したバイオマスの前処理システムを提案した。
英文要約Title:New Energy Technology Development Project/ High Efficiency Bioenergy Conversion Project(Development of Elemental Technologies for Bioenergy Conversion) Research & Development of Highly Efficient Biomass-to-fuel Conversion Technology for Cement Production (FY2005-FY2007) Final Report The use of biomass energy as fuels in the cement production plant in which the main fuel is coal. The data based on the combustible examination classified by water content or particle size of 4 kinds of biomass sample, woody biomass, sewage sludge, food waste and poultry litter, were collected. The lower the water content and the smaller the particle size of the sample, the better the combustible characteristics. The exhaust concentration of nitrogen oxides (NOx) derived from a fine sample was lower than derived from a coarse one. From the above consequence, it was estimated that biomass examined in this study might be useful materials to be used as fuel in the cement production plant by correct water content or particle size. We estimated biomass characteristics of drying and grinding to design the pretreatment system of biomass in the cement production plant. Based on the result, we proposed the biomass drying or grinding system, which used waste heat of the production facility.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る