成果報告書詳細
管理番号100013580
タイトル平成17年度-平成19年度成果報告書 国際共同研究助成事業 2005IS180 材料の環境情報指標の国際開発と標準化 平成19年度最終
公開日2009/4/24
報告書年度2005 - 2007
委託先名黒田光太郎 木村茂行 篠原嘉一 醍醐市朗 原田幸明 梅澤修 阿部英喜 岡田修司 Franz-Georg SIMON Zuoren NIE Alain DUBREUIL
プロジェクト番号P88001
部署名研究開発推進部
和文要約本研究では、京都会議の主催国である日本が中心となって、多様な材料に対応して環境情報を表示し得る指標と表示フレームの国際開発・標準化を推進し、持続可能な発展のための礎を構築することを目的とする。材料の環境情報指標としては、原材料に関連する指標として、1)原料の環境負荷低減性、2)材料のリサイクル性、製造・利用・廃棄に関連する指標として、3)材料利用による製品の環境負荷低減性、4)材料の製造・廃棄時の環境負荷低減性、安全性に関連する指標として、5)環境影響物質の低減性、6)材料の環境浄化性、に関して検討を進める。実施計画は以下の通りである。a)環境情報の定量的評価のために材料学的な調査、情報収集を実施し、環境情報を科学的に表示するための概念設計を行う。b)6指標で統一した表記形式設計を行い、それに基づいて指標一次案を開発する。c)エコマテリアルの動向および材料の環境情報指標に関するニーズについて国内調査を実施すると共に、国際ワークショップ、国内ワークショップおよびシンポジウムを主催する。ドイツ、中国、カナダの海外調査の報告と併せ、社会的情報に基づいて一次案の問題点の整理・修正を行う。d)修正案を材料の国際標準化機関(VAMAS)に提案し、材料の環境情報指標の国際標準化に向けた国際活動を実施する。実施計画に基づいて計画を実施し、以下の成果が得られた。a)OECDにおける物質フロー・資源生産性の検討動向を取り入れながら、環境効率の構造展開式を新たに開発し、環境効率における各指標の位置付けを明らかにし、環境情報を科学的に表示するための概念設計を行った。各指標のポイントは次の通りである。1)原料の環境負荷低減性:関与物質総量と枯渇性、2)材料のリサイクル性:材料メーカーの活動、リサイクル可能性、3)材料利用による製品の環境負荷低減性:特性データ、基礎データ、4)材料の製造・廃棄時の環境負荷低減性:技術革新、排出物質、効率、5)環境影響物質の低減性:製造時、使用時、廃棄時、6)材料の環境浄化性:特性データ、基礎データ。b)統一した指標の表記形式として、各指標は「コア情報」と「詳細情報」で構成することとし、指標一次案を開発した。c)環境報告書を元にして上場250社以上を対象としてエコマテリアル開発に関する国内調査を毎年実施するともに、環境情報指標のニーズに関する国内アンケート調査を実施した。国内ワークショップを5回、国際ワークショップを4回、公開シンポジウムを1回開催した。指標に関する海外調査の結果と併せ、社会情報による指標一次案の修正を行った。d)平成20年6月にカナダで開催された第33回VAMAS運営委員会において、環境情報処理に関するTWA(WorkingArea)の提案を行い、材料の環境情報処理の標準化の重要性をG8、APEC諸国に対してアピールし、議長国(米国、英国)をはじめとする多くの国から理解が得られた。
英文要約We develop the following six indices indicating environmental information of materials in this project: Indices related to resources; 1) Index on 'resource of low environmental burden', 2) Index on 'high recycling efficiency', Indices related to manufacture, use and disposure; 3) Index on 'high productivity in use', 4) Index on 'green environmental profile', Indices related to safety; 5) Index on 'reduced hazardous chemical substance', 6) Index on 'high cleaning efficiency'. The project results for 3 years of from Oct. 2005 to Sep. 2008 are as follows: a) Concept design of the indices; We made the concept design of all six indices through material scientific research and information gathering. Based on the concept design, the primary ideas of the indices were developed by reviewing the equation of eco-efficiency. The key points for each index are as follows: 1) Index on 'resource of low environmental burden', Total material requirement (TMR), Exhaustibility, 2) Index on 'high recycling efficiency', Production activities, Recyclability, 3) Index on 'high productivity in use' Performance data, Other basic data, 4) Index on 'green environmental profile', Innovation, Emission, Efficiency, 5) Index on 'reduced hazardous chemical substance', Fabrication stage, Usage stage, Disposal stage, 6) Index on 'high cleaning efficiency', Performance data, Other basic data. b) Primary style of all indices; All of the six indices were unified in the primary style, Core Information and Detailed Information. Core Information indicates mainly the basic environmental data directly related to the index. Detailed Information indicates the information supporting to Core Information and the practical data related to the index. By applying the primary style, the primary six induces were developed. They were open at the 3rd domestic workshop held on Mar, 2007. c) Modification of the primary indices; The five domestic workshops and four international workshops were held for three years. Trend survey on development of ecomaterials in Japan and questionnaire survey on environmental indices were carried out. On the basis of these social researches and domestic/oversea researches, modification of the primary indices was performed. d) International standardization activities; We proposed a new technical working area on environmental data processing including the developed six indices at the 33rd steering committee of VAMAS (the Versailles Project on Advanced Materials and Standards) on June, 2008. Our activities have been spread to G8 and APEC countries and a new move on environmental information of materials has begun in the world toward the sustainable development.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る