成果報告書詳細
管理番号100013610
タイトル平成19年度成果報告書 平成16年度第2回採択産業技術研究助成事業 04A32502d 新規固体強酸の硫酸代替触媒としての応用展開 平成19年度中間
公開日2009/4/24
報告書年度2007 - 2007
委託先名国立大学法人東京工業大学原亨和
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約カーボン系固体酸触媒とセルロースの加水分解において以下の成果が得られた。1当該反応に対してより安定な触媒の構築に成功した。2当該反応に対して最適なリアクターを作成し、反応条件を短時間で最適化する方法を完成した。これにより最適条件の硫酸触媒と同等の速度で杉の糖化することができた。3反応のメカニズムを解明した。
英文要約In the hydrolysis of cellulose by the carbon material, 1.A stable carbon catalyst for the reaction has been developed. 2.A reactor suitable for the reaction has been developed. The reaction conditions were immediately optimized in the reactor. The carbon catalyst exhibited high catalytic performance for the saccharification of cedar tips, comparable to that of sulfuric acid under optimal conditions. 3.The reaction mechanism for the reaction has been cleared.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る