成果報告書詳細
管理番号100013619
タイトル平成17年度-平成19年度成果報告書 平成17年度第2回採択産業技術研究助成事業 05A02707a RNAの新規細胞内導入法の開発と応用 平成19年度最終
公開日2009/4/24
報告書年度2005 - 2007
委託先名国立大学法人岡山大学大槻高史
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約CPP-RBPキャリアをベースとして18年度に開発した光誘導型のRNAi法(CLIP-RNAi法)を発展させ,光マスクを用いた領域特異的RNAiや,レーザーを用いた領域特異的RNAi を行った. また,高効率で細胞質へのRNA導入を行うための,CPP-RBPの改良を行った.TatEFTuをキャリアとしたアミノアシルtRNAの細胞内導入については,EF-Tu変異体による非天然アミノアシルtRNAの細胞内導入が起こることを確認し,また,翻訳におけるTatEFTuの寄与も調べた.
英文要約By CLIP-RNAi method, region-specific RNAi was demonstrated. CPP-RBP variants were prepared to obtain more efficient siRNA/shRNA carrier. Cellular internalization of fluorescent aminoacyl-tRNA and translation activation was demonstrated using TatEFTu.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る