成果報告書詳細
管理番号100013620
タイトル平成17年度-平成19年度成果報告書 平成17年度第2回採択産業技術研究助成事業 05A02721d 代謝酵素・トランスポーターマルチ発現細胞を用いた創薬を支援する薬物動態スクリーニングシステムの確立 平成19年度最終
公開日2009/4/24
報告書年度2005 - 2007
委託先名国立大学法人東京大学前田和哉
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約本年度は、創薬を加速するための共発現細胞の実用的な使い方を検討するために、HMG-CoA還元酵素阻害薬間での排出トランスポーターの多様性の検討、実際の開発化合物を用いた検討や新規PETリガンドによるヒトin vivo薬物動態の相互作用の予測系の確立などを試み、共発現系が高感度かつ迅速に関与するトランスポーターを同定する系として有効であることを明らかにした。さらに、創薬過程で汎用されるイヌ・サルのOatp類に関する基質選択性や阻害活性を明らかにし、ヒトOATP類との類似性・相違点について情報を整理した。
英文要約To establish the application of multiple transfected cells to the appropriate in vitro screening for the efficient drug development, we clarified the different transport mechanisms involved in the hepatobiliary transport of three non-metabolized HMG-CoA reductase inhibitors, which are commonly excreted into bile in an unchanged form, and investigated the transport mechanisms of novel drug candidate to know the important factors for determining pharmacological effects and PET ligand to quantitatively predict the drug-drug interaction directly in humans. From these analyses, we could find that our experimental systems are useful to rapidly identify the responsible transporters for hepatobiliary transport of compounds with high sensitivity compared with other systems. Moreover, we investigated the substrate specificity of each hepatic uptake and efflux transporter in dogs and monkeys, which are usually used for the toxicological study, and inhibitory effects of several compounds on the transport of substrates by each transporter. Thus, we showed the similarities and differences of the substrate recognition of animal transporters compared with human transporters.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る