成果報告書詳細
管理番号100013622
タイトル平成17年度-平成19年度成果報告書 平成17年度第2回採択産業技術研究助成事業 05A06511a 医療診断用途への応用を目指したGPS高性能シンチレータの大型単結晶合成 平成19年度最終
公開日2009/4/24
報告書年度2005 - 2007
委託先名国立大学法人北海道大学金子純一
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約Ir(イリジウム)の価格高騰により、チョクラルスキー(CZ)法による単結晶合成で使用するIr坩堝の購入が遅れ、研究計画に遅延が発生した。H19年度の研究計画を一部変更し、Ir坩堝を1個追加購入し、開発スピードをあげた。多結晶体ではあるが無色透明の数個の単結晶からなる直径約3.5cmのGPS結晶の引き上げに成功し、再現性良くGPS結晶を引き上げられる状況に到達した。合成結晶から約20×10×10mm3の単結晶を切り出し特性を評価したところ、BGO単結晶の約7.5倍の発光量、52nsの減衰時間、5.0%のエネルギー分解能を達成した。
英文要約A sudden rise in prices of iridium, delay on purchase of iridium crucibles using a Czochralski method was raised; it was resulted in delay on the developmental plan. Thus, in FY2007, development was accelerated by supplying additional iridium crucible. Although it was polycrystalline consisted of a few number of large transparent single crystals, a transparent GPS crystal of 3.5 cm in diameter was grown; in addition, reappearance of growth was made sure. A single GPS crystal of c.a. 20×10×10 mm in size was cut down from one grain of the crystal, and it achieved large light yield of 7.5 times of a conventional BGO scintillator, decay time of 52 ns and high-energy resolution of 5.0 %.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る