成果報告書詳細
管理番号100013623
タイトル平成17年度-平成19年度成果報告書 平成17年度第2回採択産業技術研究助成事業 05A06705a 高速高分解能光トモグラフィによる外分泌腺の動態機能解析装置の開発 平成19年度最終
公開日2009/4/24
報告書年度2005 - 2007
委託先名国立大学法人大阪大学近江雅人
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約(1)ダイナミックMIP-OCTによる精神性発汗の観察最大値投影法(MIP)を用いて、ヒト指先のエクリン汗腺の擬似3DダイナミックOCTを測定した。エクリン汗腺の3Dイメージを得るために高速の光周波数掃引型OCT(SS-OCT)を試作した。このMIP-OCTのデータ取得を1秒以下で取得して複数汗腺の発汗ダイナミクスを追跡した。(2)新たな精神性内部発汗の観察我々はOCTによる精神性発汗ダイナミクスの観測をもとに、我々は新たに音刺激によって誘発される内部発汗を見出し、その発汗量の時間変化を測定した。この精神性内部発汗は、交感神経の興奮状態の評価に有用な技術となり得る。
英文要約(1) Dynamic analysis of mental sweating by MIP-OCT Dynamic motion of eccrin sweat glands is visualized by novel quasi 3-D image construction method, using MIP of B-mode OCT images, is proposed. The sweat-source (SS) OCT is used for the in vivo 3-D imaging of eccrin sweat glands. Dynamic analysis has been made for mental sweating using time-sequential MIP images with a frame rate of 1 frame/s. (2) Observation of internal mental sweating In the dynamic OCT of mental sweating, we have found internal mental sweating without ejection of excess sweat from the spiral lumen to the skin surface. Internal sweating occurs more often in the case where mental stress is applied to a volunteer, and it is more useful for evaluation of activity of the sympathetic nerve.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る