成果報告書詳細
管理番号100013632
タイトル平成17年度-平成19年度成果報告書 平成17年度第2回採択産業技術研究助成事業 05A15502a ICA通信用チップの研究開発 平成19年度最終
公開日2009/4/24
報告書年度2005 - 2007
委託先名独立行政法人情報通信研究機構梅野健
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約世界初のICAチップ(FPGA)をベースバンド処理に、RF無線通信モジュール実装したICA通信システムを試作し、通信実験、及び評価を行うことができた。具体的には、周波数帯域が20MHzの2.45GHz帯のスペクトルを用いて、カオス信号を25Mbit/sec送信することができた。これは、本手法のスペクトル利用効率η[bit/sec/Hz]が、η=25Mbit/sec/20MHz=1.25bit/sec/Hzであり、100MHzを占有する場合、125Mbpsのデータレートを出すことができ、目標値100Mbps/100MHzを達成することができた。又、新しいICA通信用の変調システムに関わる発明(カオスOFDM)も数論の原始根を用いる新しいユニタリー変換を基礎に新たに考案し、その通信システムも構築し実験を行った。
英文要約We measured a communication performance of ICA-based Communications systems by constructing a two-user ICA-based communication system with RF modules and base-band FPGA chip. Spectrum efficiency η is achieved to be more than 1.25 bit/sec/Hz. Thus, It can be used to 4G (IMT-Advanced) communication systems generating 100Mbit/sec with 100MHz.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る