成果報告書詳細
管理番号100013634
タイトル平成17年度-平成19年度成果報告書 平成17年度第2回採択産業技術研究助成事業 05A17502a CO2地下貯留実用化のための岩石内流動・溶解・拡散現象の解明 平成19年度最終
公開日2009/4/24
報告書年度2005 - 2007
委託先名国立大学法人徳島大学末包哲也
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約残留ガストラップのメカニズムをマイクロフォーカスX線CTを用いて微視的な見地から解明した.大気圧条件においてベレア砂岩の中に自然吸入後にトラップされる気泡をX線CTにより直接可視化した.トラップされた気泡は2種類有り,ポアネットワークスケールを有するものとポアスケールでトラップされるものがある.超臨界条件においてコア内にトラップされるCO2量を計測した.残留ガス飽和率と最大CO2飽和率はランド型の関係を示す.
英文要約The mechanism of the residual gas trapping is investigated from a microscopic point of view by means of micro-focused X-ray CT. Trapped air bubbles in a Berea sandstone chip are imaged after spontaneous imbibition at atmospheric pressure. The trapped bubbles consist of two-type; one occupies the center of pore with a pore-scale size and the other has a pore-network scale size. Distributions of the residual gas saturation in the core were measured at supercritical conditions on core scale. The Land type relationship between trapped CO2 saturation and the maximum CO2 saturation was obtained for supercritical CO2.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る