成果報告書詳細
管理番号100013647
タイトル平成17年度-平成19年度成果報告書 平成17年度第2回採択産業技術研究助成事業 05A23505d 医療用マイクロワイヤー・プレートへの生体用ナノメタルの応用とその生産技術開発 平成19年度最終
公開日2009/4/24
報告書年度2005 - 2007
委託先名国立大学法人九州大学土山聡宏
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約高窒素ステンレス鋼におけるナノ組織制御手法の確立を目指して、25Cr-1N-Mn鋼の温間予加工による組織と特性の変化(析出型生体用ナノメタル)、共析変態およびその後の変形・加工に伴う組織と特性の変化(ラメラ型生体用ナノメタル)、二段相変態法を利用した結晶粒微細化法と機械的性質(微細粒型生体用ナノメタル)、を調査した。製造プロセスについては大型の連続窒素吸収炉を製造し、商用化を目指した開発研究を展開した。イオン溶出試験や疲労試験等の生体材料として必要な特性も明らかにした。
英文要約For the purpose of establishing the methods of nanostructure control of high nitrogen stainless steel, (1)effect of warm-rolling on the nanostructure and mechanical properties (Precipitation-type bionanometal), (2) phase transformation and property control of eutectoid structure (Lamellar-type bionanometal), and (3) grain refinement method and its effect on mechanical properties (fine-grained-type bionanometal) were investigated in Fe-25Cr-1N-Mn alloys. As for the manufacturing process, a large-scaled continuous solution-nitriding apparatus was built, and then the development research for commercialization has been promoted. In addition, some other properties required for biomaterials, such as ion elution and fatigue property, were investigated.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る