成果報告書詳細
管理番号100013666
タイトル平成17年度-平成19年度成果報告書 平成17年度第2回採択産業技術研究助成事業 05A34520a 部位特異的タンパク質修飾を標的とした検出法の確立と疾患検査薬への応用 平成19年度最終
公開日2009/4/24
報告書年度2005 - 2007
委託先名国立大学法人北海道大学松田正
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約疾患特異的修飾タンパク質の探索並びに選定を行い、13種(21ヶ所)を決定し、疾患特異的修飾タンパク質のリコンビナントタンパク質並びに疾患特異的修飾タンパク質に対する合成修飾ペプチドを作成し、ウサギに免疫することにより疾患特異的シグナル伝達分子のタンパク質修飾を検出できる抗体5種を作成した。さらに、マウスに免疫することにより疾患特異的シグナル伝達分子の抗タンパク質修飾モノクローナル抗体産生ハイブリドーマの樹立を進め、7種の修飾タンパク質に対し、各5-20個のハイブリドーマクローンを獲得しており、現在、モノクローナル抗体の特異性を詳細に検討している。同時に本研究の標的探索のため、新たな部位特異的疾患関連タンパク質修飾の同定およびその疾患との関連を明らかにするために解析を行い、新たに疾患関連タンパク質修飾による機能制御に関する以下9つの論文を発表した。
英文要約According to the initial plans, we proceeded our plans described the bellow. (1) Search and selection of the disease-related target proteins which are post-transcriptionally modified. (2) Production of recombinant proteins for the disease-related target proteins. (3) Production of antibodies for the disease-related target proteins and estimation of specificity for produced antibodies. As for (1) and (2), we selected thirteen disease-related proteins. We are producing recombinant proteins for immunization. We also produced modified synthetic peptides for immunization. As for (3), we succeeded in antibodies to detect five modified target proteins. Furthermore, we could establish several hybridomas producing monoclonal antibodies for the disease-related target proteins. Moreover, we produced nine scientific reports in world-famous journals concerning the functional modification of the disease-related proteins.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る