成果報告書詳細
管理番号100013667
タイトル平成17年度-平成19年度成果報告書 平成17年度第2回採択産業技術研究助成事業 05A34522a 膜貫通型受容体蛋白質の生体膜内在性ウイルスキャプシドを用いた一般的X線結晶解析法の確立 平成19年度最終
公開日2009/4/24
報告書年度2005 - 2007
委託先名北里大学神田宏美
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約His・VLP を結晶化させるための精製・濃縮方法の検討を行ない、ショ糖密度勾配超遠心法とNi-アガロースを用いた精製方法の基礎を確立した。VLPの新たな精製・濃縮方法として、圧力流と電流の対向によって形成される平衡場にVLPをトラップさせ、選択的に濃縮するためのマイクロ流体デバイスを考案した。短縮型オプシン融合蛋白質を保持した生体膜を内包すると推測される His・VLP を微量ながらも精製することができた。オプシン融合蛋白質あるいはADRB2融合蛋白質を内包するHis・VLPについても再構成を試みた。
英文要約We examined processes of purification and concentration of His・VLPs for crystallization of His・VLPs. His・VLPs were also purified by sucrose gradient ultracentrifugation in combination with Ni-agarose affinity chromatography. We produced a new type of micro flow channel chip experimentally for obtaining as high concentration of pure VLP-protein as crystallization. His・VLPs containing the truncated opsin fusion protein were purified by sucrose gradient ultracentrifugation and Ni-agarose affinity chromatography. We attempted to reconstitute His・VLPs containing the full length opsin or ADRB2 fusion protein.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る