成果報告書詳細
管理番号100013681
タイトル平成17年度-平成19年度成果報告書 平成17年度第2回採択産業技術研究助成事業 05A48506c 層状強誘電体の自然超格子制御による高温用圧電インジェクタ材料の開発 平成19年度最終
公開日2009/4/24
報告書年度2005 - 2007
委託先名国立大学法人東京大学野口祐二
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約本研究で開発したBi系強誘電体セラミックスは,高温用PZT(TC=390°C)を超える高いTC=432°Cを持つこと,および室温付近の圧電性は310°Cまで劣化することなく保持することが明らかになった.200℃-310℃の高温で320pm/Vを超える圧電歪み定数が得られた.最終目標(300℃で300 pm/V)を超える高性能非鉛圧電セラミックスの作製しに成功した.
英文要約Bi-based ferroelectric ceramics synthesized in this study are demonstrated to show a higher TC of 432°C than that of high-temperature-type PZT (TC=390°C) as well as to have a stable piezoelectricity in which the room-temperature properties do not deteriorate up to 310°C. An excellent piezoelectric strain constant over 320 pm/V was obtained in the temperature range of 200-310°C. The high-performance Pb-free piezoelectric ceramics with a superior property over the final goal (300 pm/V at 300 °C) was developed in this project.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る