成果報告書詳細
管理番号100013685
タイトル平成17年度-平成19年度成果報告書 平成17年度第2回採択産業技術研究助成事業 05A49503c シリカ被覆Ptナノ粒子を応用したCO被毒耐性をもつ水素-酸素燃料電池用電極触媒の開発 平成19年度最終
公開日2009/4/24
報告書年度2005 - 2007
委託先名国立大学法人九州大学竹中壮
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約平成19年度までに,カーボンナノチューブ(CNT)に担持したPt触媒を厚さ数nmのシリカで被覆することで,PtのCO被毒耐性が改善されることを見出している.そこで平成19年度は,シリカ被覆Pt/CNTの調製条件(シリカ被覆時のpH,シリカ層厚さ,触媒の処理温度)が,触媒のCO被毒耐性に与える影響について検討した.その結果,Pt/CNTをシリカで被覆する際のpHがCO被毒耐性に強く依存し,より低いpHでPt/CNTをシリカで被覆した場合に高いCO被毒耐性を示すことが分かった.
英文要約We demonstrated that CO tolerance of carbon nanotube (CNT)- supported Pt anode electrocatalysts for polymer-electrolyte fuel cells was improved by coverage with silica layers of a few nanometers thickness. The catalytic activity and CO tolerance of silica-coated Pt/CNT catalysts prepared under different conditions were investigated. The results showed that silica-coated Pt/CNT prepared by the hydrolysis of silica sources at pH=10 showed the highest CO tolerance among the catalysts tested in the present study.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る