成果報告書詳細
管理番号100013694
タイトル平成17年度-平成19年度成果報告書 平成17年度第2回採択産業技術研究助成事業 05B53702a 自動車車載電子制御システムの日欧標準化推進コンソーシアムにおける標準策定プロセスおよびコンソーシアム運営手法の国際比較・分析 平成19年度最終
公開日2009/4/24
報告書年度2005 - 2007
委託先名立命館大学徳田昭雄
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約1欧州におけるフィールドワークにあたって、欧州の標準コンソーシアム(FlexRayコンソーシアム、AUTOSAR)加盟企業、ならびに欧州にて車載電子ビジネスを展開する主要企業(在欧日系サプライヤ含む)に対するインタビュー調査を行った。2標準化関連の学術研究の集大成を目指すThe'AdvancesinInformationTechnologyStandardsandStandardizationResearch’bookseriesのチーフエディタと研究交流を深め、具体的にシリーズの中で本研究のケーススタディが掲載されることになった。また、欧州で開催された各種標準化研究に関わる主要な学会に参加することが適い、標準化研究に携わる欧州の研究者とのネットワークを構築することができた。3最終報告書作成の基礎となる研究成果の報告・発表を行った。平成19年度の具体的な成果は、書籍1冊、論文8本(英文2本、邦文6本)、学会報告4回(海外2回、国内2回)である。
英文要約Our products are summarized as following 3 parts: 1. To conduct the intensive interviews toward the affiliates of European standard consortia (i.e. both members of Japanese and European firms belonging to FlexRay Consortium and AUTOSAR) as a part of our field research in Europe. 2. To deepen our collaborative works with, for example, such a prominent researcher in standardization research field as the chief editor of‘The Advances in Information Technology Standards and Standardization Research’book series, and a part of our work would be compiled in the series. In addition to the collaboration, we could deepen the academic network of standardization studies by means of gaining the opportunities to attend several prominent conferences and workshops in Europe. 3. Having made some presentations at the academic conferences and published papers and book which would be base of our final report, those are: 1 Book, 8 papers in journals, 4 Presentations at the academic conferences.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る