成果報告書詳細
管理番号100013698
タイトル平成20年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業(基礎事業) 国際エネルギー消費効率化等協力基礎事業 民生施設における高効率ヒートポンプ空調システム導入検討に関する基礎調査(中国)
公開日2009/4/24
報告書年度2008 - 2008
委託先名株式会社野村総合研究所
プロジェクト番号P93049
部署名
和文要約本調査では、中国において民生施設に高効率ヒートポンプ空調システムを導入・普及させることを目的として、中国内でも環境・省エネについて特に先進的な取り組みを実施している天津市をモデル都市と位置づけ、空調市場に関するエネルギー関連基礎調査及び政策・市場動向調査を行った。また、これらの成果を踏まえて、中国における高効率ヒートポンプ空調システムの普及促進のための提言をとりまとめた。1)エネルギー関連基礎調査中国における民生用エネルギー消費量は日本の約3.5倍であり、年々増加傾向にある。特に、暖房によるエネルギー消費量が大きく、住宅では全体の約30%、非住宅では全体の約45%を占める。また、冷房用途については、北京市や天津市などの北方地域においても、近年、急速に需要が拡大しており、今後のエネルギー消費量増大の大きな要因になると考えられる。2)政策・市場動向調査中国においては、中央政府及び地方政府により、建築物や空調機に関する省エネ規制や基準の強化が図られている。建築物の省エネ基準に関しては、中央政府により、従来の標準的な建築物に比べてエネルギー消費量を50%削減する省エネ設計基準が定められており、天津市においては、国の基準よりさらに厳しい基準が設けられている。空調機については、基準を満たしていない製品の販売を禁止する「エネルギー効率最低基準」と、製品のエネルギー効率を5段階で評価・格付けする「エネルギー効率等級」、エネルギー効率の高い製品を政府が認証する「省エネ製品認証」の3つの国家制度が存在する。ただし、現時点においてこれらの制度が整備されているのは一部の空調機のみであり、また基準のレベルも日本に比べると総じて低い。市場においては、空調機の購買決定者である建物オーナーや設計事務所等の、エネルギー効率に対する関心はそれほど高くなく、コスト重視で空調機を選定する傾向が強い。建物オーナーの中には、エネルギー効率の高い空調機の存在や、高効率製品を導入することによる省エネ性や経済性等のメリットを十分に理解していない人も多い。また、空調関連の専門家においては、我が国と中国との気候条件や生活習慣、施工・メンテナンスの技術水準等の違いにより、日本の事例と同等の省エネ効果が期待できない点を指摘する声が強い。3)中国における普及促進のための提言上記を踏まえて、中国における高効率ヒートポンプ空調システムの普及促進に向けて、以下の2つの提言を行った。(1)高効率空調機の導入による省エネ効果等の検証を目的としたモデル事業の実施(2)モデル事業の成果活用による建物オーナー等への普及啓発と、省エネ基準の強化等に関する現地政府への働きかけモデル事業については、中国における市場のポテンシャルや欧米メーカーとの技術力等を鑑みて、ターボ冷凍機を対象とすることが有望である。また、地域によって気候条件や冷暖房の習慣・方式、経済水準等が異なることから、中国全国への普及促進を図るためには、複数の地域においてモデル事業を実施することが効果的である。モデル事業の成果活用による建物オーナー等への情報提供に際しては、既存のネットワークやノウハウを有する業界団体等との連携が重要であり、また、省エネ基準の強化やインセンティブ制度の拡充を現地政府に働きかける場合には、建築物や空調機の省エネに精通した大学や研究機関等の有識者との連携が不可欠である。
英文要約Title: International Projects for Increasing the Efficient Use of Energy, Fundamental Research Projects for Increasing the Efficient Use of Energy, Basic Survey on Adoption and Spread of High-efficiency Heat Pump Air Conditioning Systems in Residential and Commercial Buildings in China, FY2008 The purpose of this study was to assist the adoption and spread of high-efficiency heat pump air conditioning systems in residential and commercial buildings in China. It consisted of a basic energy-related survey and a survey of policies and trends in the air-conditioner market. Recommendations on how the spread of such systems in China can be promoted were formulated based on the survey findings. (1) Basic energy-related survey: China’s residential and commercial energy consumption is increasing by the year. Energy consumption for heating is particularly high, and demand for cooling has also risen sharply in recent years, even in northerly areas. (2) Survey of policies and market trends: In China, energy conservation regulations and standards for buildings and air conditioners are being strengthened by the central and local governments. Regarding air conditioners, there exist three national schemes: “minimum requirements of energy efficiency”, “energy efficiency grades” and “energy-saving product certification”. However, these arrangements presently cover only certain air-conditioning systems, and the standards are, moreover, generally lower than in Japan. In the marketplace, interest in energy efficiency among the building owners, design offices, and other entities that make the decisions on air conditioner purchases is not that high, and there is a strong tendency for equipment to be purchased with an emphasis on cost. Many building owners are insufficiently aware of the merits of their introduction in terms of their energy-saving and economic performance. Furthermore, there is a strongly held view among air-conditioning experts that, owing to differences in weather conditions, lifestyles, and installation and maintenance technical standards between Japan and China, the energy savings would be unlikely to be as great as in Japan. (3) Recommendations on promotional strategy in China: 1) Implementation of a model project to demonstrate the energy savings and other benefits of introduction of high-efficiency air conditioners: An attractive candidate for the model project in view of the market potential in China and Japanese manufacturers’technological strengths would be turbo refrigerators. It is more effective to implement several model projects because of differences in weather conditions, lifestyles, economic level, etc. in each region. 2) Raising of awareness among building owners, etc.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る