成果報告書詳細
管理番号100014016
タイトル平成20年度成果報告書 「希少金属代替材料開発に関する最新動向調査」
公開日2009/5/15
報告書年度2008 - 2008
委託先名三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 神鋼リサーチ株式会社
プロジェクト番号Q05012
部署名ナノテクノロジー・材料技術開発部
和文要約レアメタルは、IT機器・輸送・エネルギー等の産業を支える機能性部材に不可欠の金属元素である。レアメタルは、需要量が少ない、代替材がない、資源が偏在している等の特徴があり、供給の安定確保が課題となっている。これらの課題に対し、民間企業においては、現地企業との取引強化、資源開発などを実施するとともに、国においても備蓄制度等を実施している。この一環として経済産業省/NEDO技術開発機構は、インジウム、ジスプロシウム、タングステンを対象として「希少金属代替材料開発プロジェクト」を平成19年度から開始した。近年、更なる需給の逼迫と価格の高騰を受け、上記3種以外の鉱種においても国による対策が期待されている。この調査は、レアメタルの最新動向を把握し、新たな代替材料開発の可能性を調査したものである。まず、日本の基幹産業にとって戦略的に重要なレアメタルの供給懸念評価を、全39鉱種を対象として行った。この結果、特にリスクの高い鉱種であり、代替材料開発が求められる鉱種として、排ガス浄化用等白金、研磨剤用等セリウム、蛍光粉等用テルビウム・ユーロピウムが選定された。次に、これら3分野について、平成21年度から平成25年度を開発期間とする新たな「希少金属代替材料開発プロジェクト」を立ち上げるため、技術開発ロードマップを作成した。このため、有識者で構成されるワーキンググループを設置し、各分野について以下の調査を行った。・各鉱種に関する需給の現状と将来動向・対象製品の需要予測・代替技術開発の最新動向(使用量低減、リサイクルを含む)これらの調査結果に基づき、代替材料開発に関する施策目標を設定した。施策目標を達成するための技術開発テーマを整理した。ロードマップの内容は、希少金属代替材料開発プロジェクト企画委員会に報告され審議された。ロードマップの目標と主要な開発テーマは以下の通りである。○排ガス浄化用等白金族・削減目標:50%・開発テーマ:触媒活性向上、担体物性構造の最適化、代替物質による機能設計等○研磨剤用等セリウム・削減目標:30%・開発テーマ:研磨メカニズムの解明に基づく高性能砥粒の開発、スラリー物性の改善、砥粒・スラリー利用効率の高度化等○蛍光材料等用テルビウム・ユーロピウム・削減目標:80%・開発テーマ:賦活体発光効率の向上、励起光を効率よく吸収できる蛍光体の開発、賦活体使用量を低減する蛍光体合成等
英文要約Title:Research for the development of technology for Rare-metal replacement Rare metals are indispensable for many functional materials utilized in the areas of information technology, transport, and others. The features of rare metal market are that the demands are small, no substitutions are aveilable, and reserve distributions are very uneven. Thus, it is essential that the rare metal supply to be secured. For this purpose, private corporations are strenghening partnerships with the corporations in rare matal supply countries and also developing rare metal resources, and the gonernment saves rare metals for emergency. As one of the policy to secure rare metal supply,“the substitution material development” projects in indium, dysprosium, and tungsten have initiated by METI and NEDO since 2007. Due to more supply tightning and price soar, the additional projects are required. The porpose of this research was to grasp the latest movements of rare metal supply, and to investigate the necessity of the additional projects. At first, risk assessment has done in the total of 39 rare metals. Based on the result of the assessment, platinum for catalysts, cerium for abrasives, and terbium and europium for fluorescents have determined that their risks are the highest and substitution material developments are reqiured. Then, in order to initiate the additional“substitution material development”projects that begin in 2009 and conclude in 2013, the road maps for the technology developmens were created in the above 3 areas. For the creation of the road maps, 3 working groups, which are composed several intellectuals in each area, were set up and surveyed the followings. -Current and future demand/supply analysis in each elements -Demand forecast analysis of the products -The latest information analysis on substitution material developments, including reduction and recycle. Based on the above analyses, the targets and the subjects of developments were set. The road maps were reported to the planning committee of substitution material developments, and reviewed by the committee. The targets of each area and the major subjects of technology developments are listed below. 1.Platinum group metals for catalysts: Reduction target 50% -Catalyst activation improvement, Optimization of characteristics and structure of support, Catalyst designing utilize substitute materials, and others 2.Cerium for abrasives: Reduction target 30% -Develop high efficiency abrasive based on polishing mechanism analysis, Improvement of slurry characteristics, Elevation of utilization efficiency in abrasive and slurry, and others 3.Terbium and Europium for fluorescents: Reduction target 80% -Elevation of emission efficiency of activator, Develop fluorescents that absorb emission in high efficiency, Develop fluorescents that utilize less activator, and others
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る