成果報告書詳細
管理番号20090000000030
タイトル平成19年度-平成20年度成果報告書 エネルギー使用合理化技術戦略的開発 エネルギー有効利用基盤技術先導研究開発 海流予測情報を利用した省エネルギー型船舶運航システムの研究開発
公開日2009/7/9
報告書年度2007 - 2008
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P03033
部署名省エネルギー技術開発部 研究開発グループ
和文要約海流予測情報を船舶の航路選定に活用することによる省エネ効果を定量的に見積もるための研究開発を行った。まず、船上のウィンドウズパソコンで操作する海流ビューワーを開発した。このシステムでは、一般性能のパソコンにおいて日本周辺の内航では数秒程度、大陸間でも120秒以内に海流を考慮した最適航路を算定できる。また、波高分布、気圧配置、風速を任意に重畳表示することが可能である。次に、GPS漂流ブイを海域に投入し、海流の観測データを取得した。データは、衛星通信により陸上に転送した後、観測データと海流予測データとの比較を行い、予測の精度を自乗平均誤差等により評価した。観測と予測の流速の相関係数は0.7程度であり、算定した幾何標準偏差に基づき現実に達成し得る燃費節減効果を、予測が全て的中する場合の半分程度と見積もった。最後に、主要航路の選定と輸送規模の整理、海流パターンの抽出を行い、典型的な海流パターンのもとでの燃費節減割合を算定し、海上荷動き量を勘案することにより、本システムの内航船舶への導入効果を年あたり約6560炭素トンと評価した。
英文要約In order to save energy consumption on ship navigation by use of ocean current forecast information, several developments were done. First, an on-board current viewer system operated on windows computer was developed. The system includes a kind of dynamic programming algorithm which can search the optimal route, a unitary management system which can overlay the atmospheric pressure, the wave height, and the wind vectors on the current vectors. Second, in-situ current observation with drift GPS buoys was done to evaluate the accuracy of the forecast information. The data were transferred to land via satellite communication and analyzed. Correlation coefficient between observation and forecast velocity data was around 0.7, and the effectiveness of the energy saving was estimated to be half of the perfect forecast based on standard deviation. Last, potential of energy saving for domestic vessels by use of current forecast information was estimated to be 6,560 ton-Carbon per year, considering main routes, transportation scale and ocean current pattern.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る