成果報告書詳細
管理番号20090000000045
タイトル平成18年度-平成20年度成果報告書 エネルギー使用合理化技術戦略的開発 エネルギー有効利用基盤技術先導研究開発 「電気自動車向け無線充電システムの研究」
公開日2009/7/9
報告書年度2006 - 2008
委託先名三菱重工業株式会社
プロジェクト番号P03033
部署名省エネルギー技術開発部 研究開発グループ
和文要約(1) 研究開発の内容 本研究開発は、電気自動車を駐車場に駐車させるだけで、電源コードを接続しないで自動的に充電する“無線充電システム”の研究開発を行う。無線充電システムのベースとなる無線電力伝送技術は、送電側で電気をマイクロ波に変換して受電側に放射し、受電側でマイクロ波を受取り、再び電気に戻し利用する技術である。マイクロ波による無線電力伝送技術は宇宙太陽発電システムの開発の一環として既に基本技術を開発済みであるが、省エネルギーを狙う電気自動車への無線充電システムとしての実用化に向けた技術開発が必要である。本研究では、下記目標を達成する仕様の設定を行い、無線充電システムを試作し、電気自動車への充電試験を行い、製品化に向け十分実現性があることを実証する。【目標値】(A)送電効率*の改善:90%以上 (B)送電器価格の低減:40万円以下 (C)車両への影響遮断:マイクロ波&熱の遮断 (D)その他(安全性確保):自動停止システム (2) 研究開発の実績 電気自動車向け無線充電システムにおける目標を達成する仕様の設定を行い、無線充電システムを試作し、電気自動車への充電試験を実施した。その結果、本研究の目標に対して、送電効率を除き目標を達成する(下記参照)とともに、電気自動車への充電に成功した。目標が達成できなかった送電効率の改善についても、その原因分析及び対策立案を実施し、対策を講ずることで送電効率は今回の38%から70%に効率を改善できる見通しを得た。【成果】(A)送電効率*の改善:38%(未達成) (B)送電器価格の低減:26万円 (C)車両への影響遮断:マイクロ波&熱の遮断を達成 (D)その他(安全性確保):自動停止システムを達成 *)排熱回収も含めたエネルギー効率
英文要約(1) Contents of Research and Development This research and development aims to develop "Wireless power charge system" which is the automatic power charges system without connecting cables, just only parking the electric vehicle to the parking area. "Wireless power charge system" is applied the wireless power transmission technology that converts electricity power into the micro wave power on the transmission module, transmits the micro wave power from the transmission module to reception module, and converts the micro wave power into the electricity power again. The wireless power transmission basic technology is already developed on the research and development of “Space Solar Power System”, so it is necessary to develop the applied technology for "Wireless power charge system". This applying this Technological development for practical use as the wireless charge system to the electric vehicle that aims at energy conservation is already necessary for the wireless electric power transmission technology by the micro wave though the basic technique has been developed as part of the development of the space photovoltaic power generation system. In this research and development, we set the system specifications that achieve the following targets, product the wireless charge system for trial, do the wireless power charge examination to the electric vehicle, and prove the feasibility of this "Wireless power charge system". 【Targets】(A)To improve the power transmission efficiency*:> 90% (B)To decrease the cost:< \400,000 (C)To intercept the influences to vehicle:like Microwave oven (D)To ensure the safety:like Microwave oven (2) Results of Research and Development
 In this research and development, we achieved the following targets without “to improve the power transmission efficiency > 90%” and succeeded to charge power to the electric vehicle automatically without connecting cables. About the power transmission efficiency, we clarified the causes, planed the improvements, and prospected to be able to improve the power transmission efficiency from 38% to 70% 【Results】(A)To improve the power transmission efficiency*:38% (B)To decrease the cost:\260,000 (C)To intercept the influences to vehicle:equal to Microwave oven (D)To ensure the safety:equal to Microwave oven *) Energy efficiency including waste heat recovery
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る