成果報告書詳細
管理番号20090000000051
タイトル平成18年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 高純度テレフタル酸製造設備省エネルギー化モデル事業実施可能性調査(インド)
公開日2009/7/9
報告書年度2006 - 2006
委託先名三菱化学エンジニアリング株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー技術開発部 国際事業調整グループ
和文要約世界的な天然繊維の供給頭打ち状況、後進国を中心とした人口増加の中で、合成繊維は急激に需要を伸ばしているが、中でもポリエステル繊維の伸びは著しい。テレフタル酸はポリエステル繊維の主要原料であり、更にPET樹脂(清涼飲料水用PETボトル向け樹脂や包装材料、磁気テープなど向けのフィルム用樹脂)、PBT樹脂(電子機器など向けの成型用樹脂)の原料であり、世界的にも成長率の高い化学製品である。2005年のインドの高純度テレフタル酸生産量は173万トンであり、消費されるエネルギー量を、技術世代を考慮して投入熱量換算すると年間1万2千 TJ、炭酸ガス換算では90万トンに相当する。これはインド全体の鉱工業部門の炭酸ガス排出量の約0.4%、石油化学工業部門の約11%に相当し、一製造プロセスとしては無視できない量である。高純度テレフタル酸の需要はインドでは衣料用、PETボトル用等生活に密着した部門の急激な伸びが予想され、提案者の予想では2012年には高純度テレフタル酸生産は2005年の2.5倍の409万トンとなり、投入エネルギーで2万2千 TJ、炭酸ガス換算で165万トンに上る。本調査ではインドで現在稼動中の4プラント5ラインの概略FSを行い、モデル事業としての可能性を検討し、モデル事業実施サイトとしてMCC PTA India Corp. Pte. Ltd社のHaldia工場を選定した。本プロセスは(1)高純度テレフタル酸製造プラントに特有のエネルギー多消費プロセスである酢酸-水分離工程を加圧共沸蒸留に改造する、(2)プロセス内で発生する熱で未利用な物を低圧・真空蒸気の形で回収する、(3)得られた低圧・真空蒸気をタービンに供給し発電を行い、エネルギー回収を行うものである。省エネルギー技術の採用によりベースライン排出量の186,200 t-CO2/yより24,149 t-CO2排出量を削減することが出来た。投資効果は、原油価格が現状のWTI 60$/bblが今後も継続し、CERを15$/tとすると想定すると資金回収期間が9年1ヶ月となった。原油価格がWTI 70$/bblに高騰すれば資金回収は7年9ヶ月と好転する。高純度テレフタル酸製造プラントは今後もインド国内での建設が予想されており、本モデル事業が同国の省エネルギーの推進に資する可能性は非常に高いと言える。
 
英文要約Title: Feasibility Study (FS) for the Model Project for Energy Conservation in Purified Terephthalic Acid Plant n India (FY2006) Final Report Synthetic fiber production and plastic resin production have increased drastically pushed by population explosion and life standard improvement in developing countries. In India, polyester fiber and resin consumption showed a steep increase in these years. This promotes plant construction of Pure Terephthalic Acid(PTA) which is a raw material for Polyester fiber and resin. This Pure Terephthalic Acid plant is a sort of heavy energy consuming plant. This study is focused on energy conservation for this plant using advanced Japanese technology for energy conservation in Purified Terephthalic Acid. We carried out screening study four operating PTA plant in India (which covers all of existing plant in India). And MCC PTA India Corp. Pte. Ltd. was selected as a model site. Further detailed feasibility study showed that current base line CO2 emission of 186,000 t-CO2/y will be reduced by 24,149 t-CO2/y using this technology. Proposed technology comprises of i) Introduction of Pressurized Azeotropic Distillation for Acetic acid dehydration process, ii) Heat recovery in forms of low and vacuum pressure steam, iii) Electricity generation by these steams. Economic study shows if crude oil price of WTI=60 $/bbl will continue, pay out period of total investment is 9 years and 1 month, while WTI=70 $/bbl case shows 7 years and 9 months for it. Since several PTA plant constructions are anticipated, this energy saving technology targeted to PTA plant will bring India and Japan the reduction of CO2 emission and also a great contribution to Indian economy.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る