成果報告書詳細
管理番号20090000000066
タイトル*平成20年度中間年報 「国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 焼結クーラー排熱回収設備モデル事業(インド)」
公開日2009/7/10
報告書年度2008 - 2008
委託先名スチールプランテック株式会社
プロジェクト番号P95030
部署名省エネルギー技術開発部 国際事業調整グループ
和文要約以下本編抜粋:1. 実証事業の内容及び成果等 インドは依然著しい経済成長を続け、それに伴うエネルギー消費量の増大、環境問題が喫緊の課題となっている。インドにおける代表的なエネルギー多消費産業であり、かつ、今後の粗鋼生産量の大幅増加が見込まれる鉄鋼業界に対して、我が国の鉄鋼業界において実績のある省エネルギー技術を導入し、省エネルギー対策を進めることは、我が国のエネルギーセキュリティ上も非常に重要である。係る状況下、本事業は、インド鉄鋼業に焼結クーラー排熱回収設備を導入して、我が国の優れた省エネ技術の有効性を実証することにより、本技術のインド国内への普及を図ることを目的とする。
本事業では、インド国Visakhapatnam 市において、高炉一貫製鉄所であるRINL 社VIZAG製鉄所の既設焼結クーラーに対して、焼結鉱冷却の際に排出する排熱を回収して蒸気を生成するボイラと、その蒸気を電力変換するタービン・発電機等から成る排熱回収設備を導入し、その有効性を実証する。さらに、モデルプラントの実証運転、普及セミナー等を通じて、本技術のインド国国内への普及を推進する。
尚、平成20年度は、焼結クーラー排熱回収設備の現地調査・協定関連業務、設計、CDM関連業務に関する業務を実施した。
英文要約Title : International Projects for Increasing the Efficient Use of Energy, The Model Project for Sinter Cooler Waste Heat Recovery (India) (FY2008-FY2011) FY2008 Annual Report
The site visit was realized on the middle of January to get a general agreement on the ID (Implementation document) between Japanese party and Indian party. Also, during the same visit, both parties visited the Director of Boiler in Andhara Pradesh state to get advices and instructions on IBR, Indian boiler regulation. Since ID was almost agreed very smoothly, it was expected to be concluded anytime after February simultaneously with MOU (Memorandum of Understanding). However, Indian side's approval procedures took more time than expectation and MOU is yet to be agreed as of end of FY2008. Accordingly, ID was inevitably deferred as well. Because ID was mostly agreed and in order to minimize the project delay, design engineering was partially started. Then, a basic design meeting was held between both parties in the end of March as a preparation for the rocket start just after the conclusions of MOU and ID, and both parties discussed on the layout and other issues. On the other hand, this project is expected to go with CDM scheme in accordance with ACM0012. The preparations and studies for the CDM scheme were started.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る