成果報告書詳細
管理番号20090000000071
タイトル平成20年度成果報告書 平成20年度 太陽光発電技術開発動向等の調査報告書
公開日2009/7/30
報告書年度2008 - 2008
委託先名株式会社資源総合システム
プロジェクト番号P07015
部署名新エネルギー技術開発部 太陽電池グループ
和文要約(1)「海外諸国の研究開発プログラムに関する動向調査」では、2007年から2008年にかけてのアメリカ合衆国、欧州連合(EU)、ドイツ、イタリア、スイス、フランスなどにおける太陽光発電の研究開発及び普及状況を調査し、各種太陽電池の研究開発戦略や開発動向をまとめた。アメリカ合衆国では2006年1月、大統領による先端エネルギー計画(AEI)が発表され、柱の一つとして「ソーラー・アメリカ計画(SAI)」が据えられた。米国エネルギー省(DOE)省エネルギー・再生可能エネルギー局(EERE)の主導により、SAIでは目標を5年前倒しして、2015年までに従来電力と競合できる発電コスト、5-10セント/kWhを目指す。2009年度太陽エネルギー研究開発予算は、前年度比79%増の1億3712万ドルが充当されている。既に、「テクノロジー・パスウェイ・パートナーシップ(TPP)」、「PVモジュール・インキュベータ」、「次世代太陽電池プロジェクト」、「再生可能エネルギー系統連系技術開発(RSI)」などの各種プロジェクトが実施されている。欧州連合(EU)では、欧州委員会(EC)研究開発総局(DG RTD)及び運輸・エネルギー総局(DG TREN)の共同による第6次枠組みプログラム(FP6)がほぼ終了し、2007-2013年の7年間を対象とした第7次枠組みプログラム(FP7)が本格的に開始している。FP7では、企業や大学などの研究開発支援に約533億ユーロを投じる計画である。また、欧州太陽光発電技術プラットフォーム(PVTP)が2007年6月に発表した戦略的研究計画(SRA)に基づき、短・中・長期の研究開発における優先順位や目標が各プロジェクト策定に反映されている。2007年11月に発表された「欧州戦略的エネルギー技術計画(SET計画)」の中で、「ソーラー・ヨーロッパ・イニシアチブ(Solar EII)」の開始が盛り込まれている。2020年までの目標として、1)欧州における電力消費量の15%(太陽光発電 12%、集光型太陽熱発電 3%)を賄う、2)GridParityを実現する、3)欧州産業のリーダーシップを維持する--が提案されている。(2)「海外における最先端の太陽光発電技術研究開発及びシステム技術開発動向調査」では、世界の太陽光発電研究開発及び技術開発・実証の取り組みについて、最新の動向を調査した。最近の国際会議(IEEEーPVSCー33、EUPVSECー23)から、1)理論、新材料、2)結晶シリコン、3)アモルファス・シリコン、微結晶シリコン、4)2ー6族、CIGS、5)3ー5族、宇宙用、6)太陽電池モジュール、コンポーネント、7)地上用太陽光発電システム--に分けて、特に優れていると考えられる研究開発について、その概要をまとめた。(3)「技術開発動向の比較・分析」では、研究開発動向のまとめとして各国の研究開発状況、予算、目標、変換効率などを比較した。その結果、市場の飛躍的な成長に伴い、太陽光発電に対する関心が高まっていることから、各国とも意欲的な研究戦略を打ち出し、研究開発予算も増額する傾向にあることが分かった。
英文要約Title:Research and Development of Common Fundamental Technologies for Photovoltaic Generation Systems, Survey on Photovoltaic Power Generation Technology Trend (FY2008) Final Report
"(1) Trend of R&D program by country", This survey included the status of PV system R&D, D as well as dissemination status in the USA, EU, Germany, Italy, Switzerland and France, and summarized R&D strategy and solar cell trends. In the USA, Advanced Energy Initiative (AEI) was announced in January 2006 by President Bush. Led by the DOE’s EERE, SAI aims to make PV cost competitive with conventional electricity (5-10 cents/kWh) by 2015. Solar energy R&D budget for FY 2009 is US$ 137.12 million, up 79 % year on year. Various projects have been implemented (Technology Pathway Partnerships (TPP), PV Module Incubator, Next Generation Photovoltaic Devices and Processes, Renewable System Interconnection).EU has almost completed the FP6 (2002-2006), jointly by EC’s DG RTD and DG TREN. The FP7 (2007-2013) started, with some Euro 53.3 billion on R&D by companies and universities. Short- to long-term R&D objectives are reflected in FP7 projects, based on the Strategic Research Agenda (SRA) announced by PVTP in June 2007. Strategic Energy Technology (SET) plan (Nov. 2007) covers the launch of Solar EII, with 3 objectives toward 2020; 1) 15 % of electricity consumption in Europe by solar energy (12 % PV + 3 % CPV), 2) to reach grid parity, 3) to secure Europe’s industrial leadership. BMU, a German Ministry responsible for renewable energy policy conducted R&D under the 5th Energy Research Programme. BMBF is preparing a concept for fundamental researches ("Energy 2020+"). In 2007, BMU budgeted Euro 32.1 mil. for 140 PV R&D projects. BMBF has also been funding PV R&D, spending Euro 12.4 mil. on five projects. In Italy, ENEA has been promoting R&D at CESI RICERCA, CNR, universities and private research institutions. FY 2007 R&D budget: about Euro 5 mil. In France, CNRS and CEA took the initiative in establishing INES to share human resources among government, industry and academia. FY 2007 R&D budget: about Euro 10 mil. In Switzerland, PV RTD programme has been conducted under a 4-year plan. FY 2007 R&D budget: CHF 13.5 mil. in total. "(2) The latest trend of PV R&D, D", Latest trend of R&D on PV power generation was surveyed worldwide. From international conferences held recently (IEEE-PVSC-33, EUPVSEC-23), excellent R&D, Ds were summarized into seven categories; 1) new concepts, novel materials and devices, 2) crystalline Si solar cell technologies, 3) amorphous, nano/microcrystalline and film Si materials and devices, 4) CIGS, II-VI and related thin-film cells and technologies, 5) III-V and space PV cells/ systems, 6) PV modules and system components, and 7) PV system for terrestrial use. "(3) Comparison and analysis of PV R&D, D trend", As a summary of R&D trend, status of R&D, budget, target and conversion efficiency in each country were compared. A trend is that each country has been establishing aggressive R&D strategy and increasing budget along with sharp growth of the market and growing public interest in PV power generation.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る