成果報告書詳細
管理番号20090000000100
タイトル平成19年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等技術普及事業 熱電併給所省エネルギー化モデル事業(カザフスタン)に係る成果普及事業
公開日2009/7/30
報告書年度2007 - 2007
委託先名東北電力株式会社
プロジェクト番号P93051
部署名省エネルギー技術開発部 国際事業調整グループ
和文要約1.本事業の目的:カザフスタン共和国ウラルスク熱電併給所の事業後のエネルギー削減効果の検証と向上、及び導入した高効率ガスタービン・コジェネレーション設備の省エネルギー技術の同国における普及を促進させることにより、同国全体のエネルギー消費量の削減を図り、ひいては我が国のエネルギーセキュリティの確保に資することを目的とする。 2.事業内容 2.1設備の運転実績調査・分析:ウラルスク熱電併給所に導入したガスタービン・コジェネレーション設備の運転データ・設備運用状況を分析し、エネルギー消費削減効果の向上を図る。更に運転実績の分析結果から、必要に応じて更なる高効率運用のための対策を検討し、提案する。 2.2普及の見込まれる熱電併給所等の調査:モデル事業で導入された技術の普及が見込まれる熱電併給所等の調査、当該技術に対する啓蒙活動を実施する。 2.3 普及セミナー:本技術の普及が見込まれる熱電併給所等を対象として、導入したガスタービン・コジェネレーション設備の運転状況、省エネルギー効果等について、セミナーを実施する。 3.事業の成果 3.1 設備の運転実績調査・分析:現地渡航時にウラルスク熱電併給所に導入したガスタービン熱電併給設備の運転状況確認を実施したほか、データロガ等の記録確認により運転状況の分析を実施した。設備は、順調に運転を継続しており、現在のところ期待された省エネルギー性能を発揮していることを確認できた。今後も安定的な運転を継続していくため、定期的なメンテナンスを実施していくよう指導を行った。また、設備の性能把握に必要な熱効率管理手法に関する指導を実施した。 3.2 普及の見込まれる熱電併給所等の調査:ガスタービン熱電併給に関する技術の普及が見込まれる事業者として、ガスを主燃料としている熱電併給所(アクトベ熱電併給所、MAEK-カズアトムプロム社)と、それら熱電併給所を統括する持株会社(サムルクエネルゴ社)等を対象として省エネルギー技術に関する啓蒙活動を実施した。アクトベ熱電併給所では、ガスタービン熱電併給設備の建設計画を有していることから、日本製ガスタービン設備の適用可能性について検討し、結果を紹介した。 3.3 普及セミナー:11月15日、首都アスタナ市のエネルギー鉱物資源省会議室において、エネルギー鉱物資源省トゥルガノフ副大臣以下数十名の出席の下、普及セミナーを開催した。ガスタービン熱電併給による省エネルギーに関心のある聴講者が多数出席しており、活発な質疑応答が行われた。
英文要約Title: Dissemination activity of the Model Project for Increasing the Efficient Use of Energy Using a Gas Turbine Cogeneration System(FY 2007) Final Report
1. Purpose of the Project:The purpose of the project was to verify and enhance the fuel efficiency of the high-efficient gas turbine cogeneration technology which enabled Uralsk’s cogeneration plant in the Republic of Kazakhstan to operate on less fuel. The project also aimed to promote the technology for a wider use to help reduce total energy consumption across Kazakhstan and to ensure energy security in Japan in future. 2. Project Summary 2.1 Research into the operational performance:Tohoku examined the technology-installed Uralsk plant with the operational data and other records to further enhance the fuel efficiency in operating the plant. Tohoku also developed and proposed additional possible measures to ensure the efficiency. 2.2 Promotion Research for the technology:Tohoku looked into Kazakhstan’s existing cogeneration plants in need of the technology and carried out a promotion campaign for it. 2.3 Dissemination seminar:Tohoku conducted seminars on the Model project’s gas turbine cogeneration system with its on-site information and the benefits of this technology. 3. Project Results 3.1 Research into the operational performance:Tohoku studied the Uralsk plant in operation on site with data logging and other records and found out that the technology system kept working properly and so far achieved the fuel efficiency as expected. For the smooth operation of the technology system, Tohoku ordered the plant managers on site to regularly carry out maintenance work. Tohoku also demonstrated the method of maintaining the thermal efficiency of the generators, which is indispensable to make proper assessment for the plant. 3.2 Promotion Research for the technology:Tohoku carried out a promotion campaign focusing on a gas cogeneration plant (Aktobe Heat and Power Station, MAEK-Kazatomprom), and Samruk-Energy, a holding company to lead the cogeneration plants in Kazakhstan. Tohoku recommended the technology and its feasibility with verification especially to the Aktobe Heat and Power Station because it had a plan to build another gas turbine cogeneration plant. 3.3 Dissemination Seminar:Tohoku conducted a seminar for the technology at a conference room in the Energy and Mineral Resources of the Republic of Kazakhstan in the capital, Astana on November 15th, 2007. The dissemination seminar was attended by its vice minister, Mr. Turganov and more than a dozen people who were interested in the fuel-saving by the gas turbine cogeneration technology. Questions and answers were lively exchanged in the seminar.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る