成果報告書詳細
管理番号20090000000112
タイトル平成19年度-平成20年度成果報告書 革新的次世代低公害車総合技術開発 革新的後処理システムの研究開発
公開日2009/7/10
報告書年度2007 - 2008
委託先名日野自動車株式会社
プロジェクト番号P04013
部署名省エネルギー技術開発部 研究開発グループ
和文要約ディーゼルエンジンからのNOx、パティキュレートマター(PM)の大幅低減を目的とし、都市内走行を想定した排気温度が低温時において、NOx低減活性を大幅に改善した新たなNOx低減装置と捕集効率を改善したPM低減装置を使用した後処理システムの研究開発を行った。 NOx低減装置としては尿素SCRについて研究を行うとともにPM低減装置としてはディーゼルパティキュレートフィルター(DPF)の研究を行った。中間目標として掲げたNOx排出量1 g/kWh、PM排出量0.013g/kWhを尿素SCRと触媒付きDPFにより達成した。 更に、最終目標として掲げたNOx排出量0.2g/kWh、PM排出量0.010g/kWhを達成するため、尿素SCR触媒を低温時において高効率に作動させるための要素技術としてプラズマアシストSCRシステム、PMの捕集効率を改善するための改良型DPFの検討を行った。また、DPFに捕集したPMを低温で効率良く燃焼処理するための要素研究を行った。 改良型の後処理装置を製作して、排出ガス低減効果の確認を行った結果、DPF付きのプラズマアシストSCRシステムにより、JE05モードにおいてNOx:0.2g/kWh、PM:0.006g/kWhの結果が得られ最終目標値を達成した。排出ガス中における還元剤(尿素、アンモニア)由来の未規制物質の計測を行った。その結果、尿素、アンモニア由来の未規制物質は極微量であることが確認された。
英文要約Title:Report of Research and Development of Innovative After-treatment Technologies “Comprehensive Technological Development of Innovative, Next-Generation, Low-Emission Vehicles”(FY2007-FY2008) Final Report
For the purpose to reduce NOx and Particulate Matter (PM) from diesel engines, this project aims to examine the after-treatment systems under lower temperature supposing interurban driving mode. This study includes the improvement of the latest after-treatment system for NOx and PM reduction. The Urea Selective Catalytic Reduction (SCR) was selected to study the after-treatment system of NOx reduction, and the Diesel Particulate Filter (DPF) for the PM reduction. The first target was to make the amount of NOx to 1 g/kWh, and PM to 0.0013 g/kWh at transient mode in Japan (JE05 mode), which had been accomplished by using the Urea SCR System and DPF. Moreover, the final target is to make the amount of NOx emissions to 0.2 g/kWh, and PM to 0.010 g/kWh in JE05 mode. To reach the finale target, it’s necessary to improve the performance of NOx and PM reduction at lower temperature. The plasma assisting the SCR system combined the catalyzed DPF system was studied. The catalyzed DPF system, which helps to improve the collecting efficiency of the PM, led to the PM reduction. Furthermore, to improve the PM oxidation at lower temperature, the feasibility study of PM oxidation using ozone made from plasma was carried out. As results, NOx and PM emission was obtained 0.2 g/kWh and 0.006 g/kWh, respectively using the plasma assisting SCR system combined catalyzed DPF. The final target of NOx and PM emission were both achieved. The amount of un-regulated emission generated from the reducing agents, was low level.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る