成果報告書詳細
管理番号20090000000130
タイトル平成20年度成果報告書 エネルギー使用合理化技術戦略的開発 エネルギー有効利用基盤技術先導研究開発(事前調査) ハイブリッドフルトレーラーによる高効率輸送システムの研究開発
公開日2009/7/30
報告書年度2008 - 2008
委託先名財団法人日本自動車研究所 社団法人日本ロジスティクスシステム協会
プロジェクト番号P03033
部署名省エネルギー技術開発部 研究開発グループ
和文要約本研究開発は、ハイブリッドフルトレーラーによる高効率輸送システムの研究開発に関する事前調査である。最初に、都市間貨物輸送の実態調査を実施し、東名・名神および中央高速道路におけるトラック・トレーラーの走行実態調査をふまえて省エネ効果に関連の深い運転特性と燃料消費量などの関係を把握した。次に、アンケートおよびヒアリング調査によってフルトレーラーに対するユーザーニーズを把握し、飼料肥料、建材、鉄鋼や自動車部品などでの既存利用事例をふまえ、今後も大型化による大量輸送には、構内条件、輸送条件および道路条件に一定の制約があるものの、強いニーズがあることを確認した。この結果をふまえて、ハイブリッドフルトレーラーの将来需要(2030年)を、既存の大型トラック(単車)からの転換需要として推計し、高速道路利用分で約8万台(フルトレ換算台数)と推計した。さらに、シミュレーション分析によって、25トン単車から44トンハイブリッドフルトレーラーへの転換に伴ってトンキロ当たり燃料消費率が32%改善されることを推計した。また、新規車両の導入費用と人件費や燃費の削減効果を分析し、ハイブリッド化のためのモーター・電池に2分の1補助を設定すれば導入の費用対効果を確保できることを検証した。この結果をふまえて、ハイブリッドフルトレーラーの今後の技術的検討に必要な基本仕様をとりまとめた。
英文要約This research and development is preparatory research on high efficiency transport system by hybrid full trailer. At first, the field survey on inter urban freight transport using truck-trailer in Tomei, Meishin and Chuo Expressway was held and the relationship between driving methods related closely with energy saving and energy saving volume was identified. Next, based on questionnaire and interview survey, the user needs on full trailer was identified. And the case study on present user such as chemical fertilizer, animal food, architectural material, steel and automobile parts transport was held. As its results, the strong needs to heavy vehicle such as full trailer were identified although there are specific limitation on in-house yard condition, transport condition and road condition. Based on these results, the future demand to hybrid full trailer in 2030 was estimated at about 80 thousands in terms of number of full trailer if the conversion demand from present heavy truck using expressway was estimated. And by simulation analysis, the energy saving per ton-km of 32% was estimated when the shift from 25 tons truck to 44 tons hybrid full trailer was held. And also, by analyzing introductory cost of new vehicle and saving effects of personal and fuel expenses, under the condition of 50% subsidy to motor and battery for hybrid trailer, the cost effectiveness of using hybrid full trailer was identified. Finally, based on above research, necessary basic requirements for future technological development were summarized.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る