成果報告書詳細
管理番号20090000000154
タイトル平成19年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業(モデル事業) 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 都市廃棄物高効率エネルギー回収モデル事業実施可能性調査(中国)
公開日2009/7/28
報告書年度2007 - 2007
委託先名株式会社荏原製作所
プロジェクト番号P93050
部署名環境技術開発部 契約・管理・調整グループ
和文要約「都市廃棄物高効率エネルギー回収モデル事業実施可能性調査」は、ごみ焼却発電施設において、中国従来技術による施設に比較して都市廃棄物高効率エネルギー回収技術を採用した場合の施設の年間エネルギー消費量改善効果及びそのための必要事業費とその投資回収性について調査を行い、普及性の調査とあわせてモデル事業の実施可能性についてまとめたものである。中国におけるごみ焼却発電施設の多くは民間資本を利用したBOO、BOTにより建設運営されている。本調査では、モデル事業実施サイト候補として福建省晋江市及び江蘇省呉江市を選定し、サイト企業の創冠(厦門)環保電力管理有限公司、呉江シルク股分有限公司について調査した。晋江市サイトでは、既に日処理量750トン(250トン3炉)のごみ焼却発電施設が晋江創冠環保資源開発有限公司により運営されおり、増設計画のプロジェクトに本モデル事業を適用しようとするものである。呉江市サイトでは、増加しつつある生活ごみの処理のために建設計画中のごみ焼却発電施設に本モデル事業を適用することを考えている。対象とするごみ焼却発電施設の規模は日処理量1000トン(500トン2炉)である。各サイト調査結果を、サイト企業の経営財務状況、技術力、プロジェクトの実現性に係る施設建設予定地の確保、ごみ量の調達及びスケジュールの適応性、モデル事業の普及性に係る交通・物流の利便性及びサイト企業の事業展開等について表にまとめ5点満点の総合点で評価した。その結果を元に、NEDOと中国発展改革委員会が協議を行い、実施サイトとして晋江市が選定された。選定された晋江市サイトについてさらに調査を行い、創冠(厦門)環保電力管理有限公司と協議を行いながらモデル事業の詳細実施計画を進めた。本モデル事業では、モデル事業を適用しない中国従来技術によるごみ焼却発電施設とモデル事業を適用したごみ焼却発電施設とのエネルギー消費量の差が省エネ・代エネ効果であり、それは年間248.2TJとなった。また、ごみ焼却発電施設で焼却対象とするごみは変わらないため、CO2排出削減効果は省エネ・代エネ効果のみに起因するもののみとなり、年間約18000トンであった。本モデル事業の対象範囲はごみ焼却発電施設のうちの焼却炉及びボイラ部分である。本モデル事業がモデル事業対象部分を中国従来型技術の設備として建設した場合の事業費と比べてどの程度コスト増加となるかを検討した。また、省エネ効果により増加した売電費用により償還していくことで投資回収期間を検討すると、自己資金による場合は施設建設後5年目で、銀行借入の場合は8年目で回収できる結果となった。通常BOO,BOTは30年等の長期にわたるものが多く、収益性の向上が見込める本モデル事業は民間企業の積極的な参入がし易く普及が促進されることを報告している。 
英文要約Feasibility study on municipal waste high efficiency heat recovery model project is a comparison of utilizing conventional technology of Peoples Republic of China (hereafter China) and utilizing municipal waste high-efficiency energy recovery technology for Waste-to-Energy (hereafter WTE) facility. This comparison is made by annual energy consumption improvement of the facility, project cost necessary to improve, and its payout period. This study is a survey of the above concernment and its diffusion, as well as feasibility for the future model project. Most of the WTE facilities in China are built and operated by BOO/BOT. Jinjiang City, Fuijian Province and Wujiang City, Jiangsu Province were nominated as a site for the model project and Cugu (Xiamen) E&P Management Co., Ltd. (hereafter Cugu)and Wujiang Silk Co., Ltd. were surveyed as a site company. At Jinjiang site, 750t/d(250t/d x 3) WTE facility is operated by Cugu and the model project is planned for the expansion of the facility. At Wujiang site, the model project is planned to apply to the new WTE project (500t/d x 2) for the treatment of the increasing municipal waste, its capacity is 1,000t/d. The evaluation of the survey of each site was carried out by considering company's management and financial status, technologies, secure of the land for the model project, secure of the municipal wastes, appropriateness of the schedule, the convenience of transportation and company's business development which affect the diffusion of the model project. Based on this evaluation, the discussion was made between NEDO and Ministry in Charge of National Development and Reform Comission and Wujiang City was appointed for the model project site. The difference of energy consumption amount between utilizing conventional technology and utilizing municipal waste high-efficiency energy recovery technology will be 248.2TJ/year and this amount is the energy/alternative energy saving impact. Also, because there is no difference in municipal waste, the impact of CO2 cut-off will only result from the energy/alternative energy saving impact. This CO2 saving amount is approx. 18,000t/year. The scope of the model plant is incinerator and boiler part of the WTE facility. The study of the project cost is made by comparing the cost of conventional technology and municipal waste high-efficiency energy recovery technology of the scope. Also, the study of payout period is calculated by paying off from increased power generation earnings of the energy/alternative energy saving impact. The payout period (excluding construction period) are 5 years (private fund) and 8 years (bank loan) respectively. Usually, the operation period of BOO/BOT are around 30 years and it is likely that the model plant which would improve the profit will aggressively be adopted by private company which would lead to diffusion of the model plant.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る