成果報告書詳細
管理番号20090000000039
タイトル平成20年度成果報告書 「ハイブリッド型セラミックス材料の技術開発に関する調査」
公開日2009/8/26
報告書年度2008 - 2009
委託先名株式会社テクノリサーチ研究所
プロジェクト番号Q05012
部署名ナノテクノロジー・材料技術開発部
和文要約セラミックスの本来的な問題点である脆性破壊特性を改良する方法として、モノリシックセラミックスの強度、破壊抵抗に優れた繊維強化セラミックス等の特長を活かして、異種材料を一つの材料中に複合化させたハイブリッド型セラミックスが提案されてきている。本技術は、従来のセラミックスの脆性破壊特性の弱点を克服し、高温利用、軽量化、低熱損失など、セラミックスでなければ達成できない分野における基盤材料として、広範囲な応用が期待される。本調査は、ハイブリッド型セラミックス材料とその部材化に関して、国内の技術シーズ・開発ニーズの調査、欧米の動向調査及び波及効果に関する情報収集を行い、シーズ技術の中から市場ニーズと結びつく可能性のある技術を抽出し、その課題や解決に繋がる方策等について調査を行った。
英文要約Title: Research on R&D of Hybrid Ceramics Material, FY 2008 Final Report As a method to improve the brittle characteristic of ceramics, "Hybrid Ceramics" has been proposed, which make the different material into one compound, making the best use of strength of monolithic ceramics and destruction resistance of fiber reinforced ceramics. "Hybrid Ceramics" has various advantages such as heat resistance, lightweight properties, low heat loss, and is expected to overcome brittle characteristic of past ceramics. This technology is expected as basic material for wide-ranging applications. In this research, focusing on "Hybrid Ceramics", the following surveys and investigations were conducted. (1) Investigation of technological seeds and application needs. (2) Survey on R&D trends in U.S. and Europe. (3) Evaluation for ripple effect of hybrid ceramics R&D. Through these works, extraction of applicable technologies as well as deliberation on future tasks & solutions was conducted.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る