成果報告書詳細
管理番号20090000000052
タイトル平成20年度成果報告書 「研究協力事業 流動砂丘固定と緑化に使用する新型化学材料の研究と中国青海湖周辺モデル地域での施工方法」
公開日2009/8/26
報告書年度2008 - 2008
委託先名学校法人東海大学
プロジェクト番号P93048
部署名ナノテクノロジー・材料技術開発部
和文要約平成20年度成果報告書 流動砂丘固定と緑化に使用する新型化学材料の研究と中国清海湖周辺モデル地域での施工方法 「優れた吸水性及び保水性を有するポーラスセラミックスとコーティングスラリーを用いた砂の固化(流動防止)と緑地化(植物生育)及び生態環境への影響に関する研究を日本側(東海大学・茨城大学・鳥取大学・JCK(株)・太平洋マテリアル(株))と相手国である中国側(清華大学・青海大学・青海省草原草業研究所・青海省水利水電科技研究所)の国際研究にて中国・青海省砂丘地域を実験地として実施する。」
英文要約2.Outline Research of new chemical materials for flow sand hill fixation and tree planting and construction method at model area around Qinghai Lake, China. A study about influence to ecological environment, to solidify and to afforest of sands using having great absorption and preservation porous ceramics and coating slurry. The studies carry out an international study with Japan (Tokai University, Ibaragi University, Tottori University, JCK Co., Ltd., and Taiheiyo Materials Co., Ltd., and China (Tsinghua University, Qinghai University, Grassland Institute of Qinghai Academy of Animal Science and Veterinary Medicine, Institute of Water resources and Hydropower of Qinghai province) as an experiment place at around Qinghai Lake of China (FY2008) Final Report.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る