成果報告書詳細
管理番号20090000000132
タイトル平成17年度-平成19年度成果報告書 平成17年度第2回採択産業技術研究助成事業 05A01719a 高度発達型培養筋細胞の作製技術開発とその2型糖尿病治療薬のスクリーニングシステムへの応用 平成19年度最終
公開日2009/8/26
報告書年度2005 - 2007
委託先名国立大学法人東北大学神崎展
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約高度発達型培養筋細胞を用いて、各種のインスリン抵抗性病態を人為的に惹起させた病態モデル系を構築することに成功した。特に、飽和脂肪酸(パルミチン酸)はGLUT4トランスロケーション機構を不全にするだけでなく、プロスタグランジンなどの産生に関わるCyclooxygenase-2(COX-2)の発現を誘導することを見いだし、本特殊培養系を用いたGLUT4評価系がスクリーニング系として有効であることを確認した。
英文要約Utilizing the highly developed contractile myotubes, we have established an insulin-resistant model. We also found that saturated free fatty acids such as palmitate induce not only the impaired GLUT4 translocation but also the increased expressions of various pro-inflammatory cytokines and COX-2. These results confirm that we have established a specialized muscle cell culture model suitable for drug screening system.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る