成果報告書詳細
管理番号20090000000133
タイトル平成17年度-平成19年度成果報告書 平成17年度第2回採択産業技術研究助成事業 05A02504d ラクダ型一本鎖抗体産生トランスクロモソミックマウス作出と抗体医薬開発への応用 平成19年度最終
公開日2009/8/26
報告書年度2005 - 2007
委託先名国立大学法人鳥取大学井上敏昭
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約ラクダ抗体遺伝子(重鎖)座をCHO細胞内で人工染色体(HAC)ベクター上にクローニングすることに成功した(Camel IgH-HAC)。つづいてこれを抗体(重鎖)遺伝子座欠損マウスES細胞へ移入、キメラマウス作出を行い、ラクダ抗体産生能等を評価した。その結果、ほとんどのキメラマウス末梢血でラクダ抗体を検出でき、実際に分化したB細胞が認められた。マウス抗体重鎖欠損マウスではB細胞分化には至らないので、このことはラクダ抗体重鎖がマウス重鎖の機能を補完することを示す知見でもある。重要なことは、ラクダ抗体遺伝子を発現するキメラマウス末梢血中にラクダ二本鎖抗体に加え本研究で追い求めてきた一本鎖抗体を検出できたことである。本研究で樹立したCamel IgH-HAC保持マウスES細胞は「ラクダ抗体をマウスで扱えるようにする」ことを可能にする資材となる。
英文要約We constructed a human artificial vector containing whole camel IgH genomic fragment (Camel IgH-HAC), transferred the Camel IgH-HAC to a mouse IgH-deficient mouse ES cell line, and generated chimeric mice using the cell line. We observed that camel antibodies were produced in chimeric mice and that differentiation of B-cell occurred unlike mouse IgH-deficient mice, suggesting that camel IgH substitutes mouse IgH functions. Importantly, camel single chain was detected although major portion of camel antibody were double strands forming a complex with mouse L-chain. Therefore, camel IgH-HAC-containing chimeric mice that we generated in this study can be quite useful biological material that allows the manipulation of camel single chain from laboratory mice and the application of humanized monoclonal antibody from mice.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る