成果報告書詳細
管理番号20090000000155
タイトル平成19年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 製紙スラッジ燃焼廃熱有効利用モデル事業(中国)実施可能性調査
公開日2009/8/26
報告書年度2007 - 2007
委託先名JFE エンジニアリング株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー技術開発部 国際事業調整グループ
和文要約中国は改革開放以降、経済の発展を遂げ、現在は第11次五カ年計画(2006年-2010年)が進行中である。GDPは計画以上の成長が続き過熱気味の様相を呈している。経済発展により、格差や失業の問題、エネルギー需要の急増、環境悪化といった歪みがうまれた。エネルギー輸入拡大は国際社会の関心を呼んでいる。これらに対処するため、「エネルギー発展十一五計画」や「環境保護十一五計画」が制定された。エネルギー面では重点計画を定め、また省エネ、代替エネルギー、新エネルギーの開発や資源の節約を奨励している。環境保護は中国にとって急務であり、環境目標を設定するほか、環境インフラ整備や企業の環境投資に融資面で支援している。また、税制面でも環境投資には企業所得税などの減免措置を講ずる法が整備された。本プロジェクトは製紙工場で発生する製紙スラッジ(廃棄物)を流動床炉で燃焼し、その廃熱を蒸気として回収する設備を導入するものである。中国国家発展改革委員会と協議した結果、本モデル事業及び実施可能性調査の実施サイト候補は浙江省の景興紙業とした。景興紙業においてサイト調査を実施した結果、流動床炉と廃熱回収設備の設置により、従来、発電用として使用していた石炭燃料の一部を代替する「エネルギー代替効果」および廃棄物埋立場への負担軽減やメタン発生回避等の「環境改善効果」が得られることが判明した。中国の製紙会社は、近年の増産による電力、蒸気需要に対応すべく、自家発電施設の増設を計画している。一方、中国政府は現行の第11次5カ年計画期間中に、石炭火力による小型の復水式蒸気タービン発電ユニットを1,500万kW分の施設を閉鎖する計画を推進しているため、従来の石炭専焼ボイラーによる施設では「石炭火力による小型火力発電所」と位置づけられ、プロジェクト実施認可を得られないため、製紙スラッジを混焼する計画に変更が必要となる。 対象技術は石炭との混焼を必要とせず、製紙スラッジ専焼で廃熱回収が可能な技術であり、本モデル事業の実施によりその優れた省エネ効果・環境改善効果が実証されれば、中国において普及が期待される。このようなエネルギー対策や環境保護政策は、地球温暖化対策のひとつでもある。中国では気候変動に関する政策・措置の制定、関係活動の協調を担当する組織として「国家気候変化対策協調グループ」を設置、その下部機構としてCDMプロジェクト審査理事会を設置している。DNAは国家発展改革委員会が担当する。CDMに関する管理弁法を定め、CDM取引に関する政府引き取り比率を定めた。また、CDM基金を設立しCDM事業の支援を行っている。世界第2位のCO2排出国である中国でのCDMプロジェクトは急増している。
英文要約China has developed in economy after issuing the reform and opening policy, and the 11th Five Year Plan is under progress. GDP continuously grew more than the growth plan and now shows superheat situation, which caused a gap in income and region, unemployment, a rapid increase of energy demand and an environmental deterioration etc. A rapid increase of energy import draws the worldwide attention. “Energy Development Five Year Plan” and “Environmental Protection Five Year Plan” were established to cope with such problems. The Energy Plan provides the important plan, and encourages to develop an alternative energy and new energy to save natural resources. The Environmental Protection Plan provides the target of environment protection and support for investment of environmental infrastructure and companies’ environmental equipment in terms of finance. And laws are constituted to provide remission of companies’ income tax in case of the investment for environmental protection. This project is to introduce the Fluidized Bed Furnace to combust paper sludge produced in process of paper production and the waste heat recovery boiler to recover the waste heat as steam. According to the discussion with National Development and Reform Commission, Jingxing Paper Company in Zhejiang Province has been selected as a project site to execute FS. As a result of FS, we can expect the effect of alternative energy and environmental improvement, which are to alternate a paper sludge with a part of fuel coal used for electric power generation at present and to reduce environmental burden to the reclaimed site, which also means an evasion of methane, by means of introduction of the furnace and the waste-heat recovery boiler. Paper mill companies in China are planning to install captive-power generators to meet a demand of electricity and steam due to the recent increase of paper production. Chinese government proceeds a plan to close the small scale of coal-fired powers plant by the amount of 15000MW in total. So paper mill companies have to introduce a type of boiler fired by coal mixed with paper sludge as they cannot obtain the permit of project. This technique does not require coal and can recover waste heat by combustion of paper sludge only, so if the superior efficiency of energy-saving and environmental improvement are verified through this model project, then it is expected to disseminate this technology in China. Such energy and environmental protection policy is one of measures against the global warming. China established National Coordination Committee on Climate Change as an organization to constitute a policy and measures regarding the climate change and to coordinate activities concerned, and also established National CDM Board under the said committee. China constituted a law of management of CDM and defined the allocation ratio of CER between Government and the project owner. China also established CDM fund and support CDM projects.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る