成果報告書詳細
管理番号20090000000206
タイトル平成20年度成果報告書 新エネルギー技術研究開発 太陽光発電システム共通基盤技術研究開発 IEA PVPSプログラム タスク8に関する情報収集
公開日2009/8/14
報告書年度2008 - 2008
委託先名みずほ情報総研株式会社
プロジェクト番号P07015
部署名新エネルギー技術開発部 太陽電池グループ
和文要約IEA PVPSプログラム タスク8「大規模太陽光発電システムに関する調査研究」に運営責任者(Operating Agent(以下、OA))代理としてタスク8に参加し、タスク8活動の運営、PVPS執行委員会への対応、活動成果の普及促進を行った。 タスク8のOA代理として、第19回および第20回専門家会議、ならびにアドホック専門家会議を運営し、第3期活動成果報告書の取り纏め作業を推進するとともに、2009年以降の活動方針を設定した。そして、第31回および第32回PVPS執行委員会において、第3期活動成果報告書の作成計画と概要、2009年以降の第4期活動のワークプラン案を報告、提案し、承認を取得した。また、これらの活動と並行し、活動成果の普及促進活動として、タスク8シンポジウムおよび国際会議における発表を行った。 第19回専門家会議は2008年4月17-19日にオランダ(ユトレヒト)にて開催し、第3期活動成果報告書に盛り込む内容の議論を行うとともに、2009年以降の活動方針について予備的な議論を行い、第4期として活動を延長していくことを基本方針とした。 第20回専門家会議は2008年8月29-30日にスペイン(バレンシア)にて開催し、第3期活動成果報告書の詳細な議論を行い、報告書内容についてタスクメンバーの合意を得た。また、2009年以降の活動として、第4期活動における検討課題の抽出を行った。 アドホック専門家会議は2008年10月13日に韓国(釜山)にて開催し、第3期活動成果報告書におけるアジア諸国担当の部分の確認、ならびに第4期活動への延長を提案するためのワークプラン案に関する議論を実施した。 第31回PVPS執行委員会は2008年4月14-16日にノルウェー(オスロ)にて開催され、前回執行委員会以降の活動状況を報告したほか、第3期活動成果報告書の作成計画および構成案を提示し、承認を取得した。 第32回PVPS執行委員会は2008年10月27-29日にオーストリア(ウィーン)にて開催された。10月27日にはOA会議が開催され、タスク8がその議長を担当した。活動状況報告では専門家会議の議論の概略を報告するとともに、第3期活動成果報告書案の概要を報告し、内容の承認を取得した。また、第4期活動のワークプランを提案し、承認を取得した。 活動成果の普及促進として、2008年10月14日に、韓国(釜山)で開催されたRenewable Energy 2008のサイドイベントとして、タスク8シンポジウムを開催した。また、第23回ヨーロッパ太陽光発電国際会議等での発表を行った。
英文要約Title: Collection of Information about IEA-PVPS Program Task8 - Research and Development of Common Fundamental Technologies for Photovoltaic Generation Systems, New Energy Technology Development Through joining the IEA-PVPS programme Task8 (Study on Very Large Scale Photovoltaic Power Generation Systems) as the Operating Agent alternate, organizing Task8 expert meetings, dealing appropriately with the IEA PVPS Executive Committee, and disseminating results of Task8 activities were implemented. As the OA alternate, 19th, 20th and ad-hoc expert meetings were organized, in order to promote works for drafting the Task8 3rd-phase report and to discuss a direction after the 3rd-phase. At the IEA PVPS Executive Committee, a final draft of the 3rd-phase report and a work plan for the 4th-phase activity were proposed and approved. In addition, as disseminating activity, Task8 symposium was organised, as well as presentations at international conferences. 19th technical expert meeting was held on 17-19 April 2008, in Utrecht, the Netherlands. Main issues for discussion were contents of the 3rd-phase report. Activity after the 3rd-phase was also discussed and the members agreed to continue the activity as 4th-phase. 20th technical expert meeting was held on 29-30 August 2008, in Valencia, Spain. Contents of the 3rd-phase report were discussed chapter by chapter, and all participants agreed the contents drafted. Also, key items for the work plan of the 4th-phase activity were discussed. Ad-hoc expert meeting was held on 13 October 2008, in Busan, Korea. Contents of the 3rd-phase report, contributed by Asian members, were confirmed and a work plan for the 4th-phase was discussed. 31st ExCo meeting was held on 14-16 April 2008, in Oslo, Norway. A document production plan of the Task8 3rd-phase report was proposed and approved, in addition to the progresses of Task8 activity since previous ExCo meeting. 32nd ExCo meeting was held on 27-29 October 2008, in Vienna, Austria. OA meeting was held on 27 October 2008 and Task8 was in charge of chairing the OA meeting. An outline of the 3rd-phase report was reported and approved. Also, a draft work plan for the 4th-phase activity was proposed and approved. In order to disseminate results of Task8 activity, Task8 symposium was organized on 14 October 2008 in Busan, Korea, as a side event of Renewable Energy 2008. Further, some presentations at the international conferences related to PV and renewables were carried out.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る