成果報告書詳細
管理番号20090000000212
タイトル平成18年度-平成20年度成果報告書 新エネルギー技術フィールドテスト事業 地域バイオマス熱利用フィールドテスト事業 プロセス蒸気利用工場における木質バイオマス熱利用フィールドテスト事業
公開日2009/8/18
報告書年度2006 - 2008
委託先名株式会社マルセンクリーニング 株式会社北海道日建設計
プロジェクト番号
部署名新エネルギー技術開発部 バイオマスグループ
和文要約本実証試験は、十勝・釧路・根室管内で発生したバーク、ばっ根及び林地残材を燃料に使用して、既存のクリーニング工場で必要とする蒸気の供給を行った。工場の操業を通じて、燃料となる木質チップの性状と木質バイオマスボイラーの性能評価、本工場における操業条件と木質バイオマスボイラーの運転方法の評価を行った。 (1)年間を通した性能評価 1燃料としての木質チップ23,821m3/年を収集して木質バイオマスボイラーへ投入し、クリーニング工場へ蒸気量16,523,144キログラム/年を供給した。全蒸気量の80%を賄い、当工場の主力ボイラーとしての役割を果たし、計画通りであった。  2木質チップの含水率は、35.35-57.22%の範囲にあり年間加重平均43.59%であった。含水率の上下があっても安定的に蒸気は供給された。  3ボイラー効率は、年間平均67.1%であった。木質チップの品質が良かった11月は80.7%となった。  4蒸気需要側の負荷変動対し即応性が弱くバックアップボイラーが必要なことが分かった。 (2)本工場と木質バイオマスボイラーの運転方法  1炉内温度900度を維持すると木質チップの燃焼、蒸気量の供給が安定することが確認された。  2本ボイラーの自動制御において排ガス酸素濃度を8%以上維持するようになっているが、補助燃焼用ファンの絞りにより、排ガス酸素濃度を低下させることで省エネルギーの可能性が見えてきた。  3本工場の稼動は、昼間に操業し夜間は停止している。しかし、本ボイラーは24時間連続運転が標準的な運転条件となっており、夜間に余剰蒸気が発生し、今後、本工場内でどのように利用するかが課題となった。
英文要約Summary This project is a field test for Heat Utilization of Regional Biomass. Wood biomass boiler run in a laundry factory using process steam. The fuel is a wood chip. It is made from a forest thinnings in areas of Tokachi, Kushiro and Nemuro. The results clarify properties of wood chip and performance of wood biomass boiler. It works out an operating method of wood biomass boiler suitable for an operational provision in this factory. (1) Properties of wood chip and performance of wood biomass boiler 1The collected wood chips are 23,821m3/year. It makes a steam of 16,523,144kg/year by Wood biomass boiler. It supplies 80% amount of steam in a laundry factory. The wood biomass boiler run as a main boiler of a factory as planned. 2The moisture content of the wood chip is in the range of 35.35-57.22%. The average moisture content is 43.59% in a year. The wood biomass boiler stably supplies in spite of the variation. 3The average combustion efficiency is 67.1% in a year. It is 80.7% in November when the quality of the wood chip is good. 4The backup boiler is necessary to severe load change of the steam demand. (2)Operating method of wood biomass boiler suitable for this factory. 1In the case that furnace temperature is 900℃,the combustion of the wood chip and the steam supply are steady. 2Though automatic control in the wood biomass boiler maintains the oxygen density to 8% or more, There is a possibility of energy conservation by reducing the density of the exhaust gas oxygen. 3This factory operates in daytime and it stops at nighttime. The standard specification of wood biomass boiler is operation around the clock. It is assignment for this boiler how to use surplus steam in this factory.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る