成果報告書詳細
管理番号20090000000214
タイトル平成18年度-平成20年度成果報告書 新エネルギー技術フィールドテスト事業 地域バイオマス熱利用フィールドテスト事業 籾殻の熱分解ガスを熱源とした籾乾燥システムのフィールドテスト事業
公開日2009/8/14
報告書年度2006 - 2008
委託先名株式会社サタケ
プロジェクト番号P07018
部署名新エネルギー技術開発部 バイオマスグループ
和文要約籾乾燥貯蔵施設(カントリーエレベーター)において発生する大半が未利用であった籾殻を炭化し、その際に生成する可燃ガスを無煙化装置により燃焼した廃熱を熱交換し、籾の乾燥に使用する。籾の乾燥機は既存装置を利用する。籾殻は水分が15%と一定に乾燥しており、形状も一定であり、しかも1ヶ所に集積しているという、バイオマスとしては非常に恵まれた条件を有している。日本国内には、4000ヶ所以上のカントリーエレベーター、ライスセンターがあり、この研究が成功すれば、普及は一気に進むと予測される。我が国の籾乾燥はほとんどが灯油燃焼熱による乾燥であり、この熱を籾殻によって賄うことは、地球温暖化防止と化石燃料費の節減につながるものである。当該施設にて発生する籾殻は、予定では受け入れる生籾を全量乾燥することができる。また副産物としての、籾殻炭と籾酢も農業面で土壌改良資材などとして有効利用することにより、真のリサイクルを完成し、コスト面においても事業化が推進されるシステムの構築を可能にするものである。本研究では熱収支と物質収支の確認を始め、籾殻の収集運搬、貯蔵保管についての検討、熱分解ガスの燃焼ガスが直接籾乾燥に利用できるかどうかや、乾燥機内での温度ムラの調査などを行う。特に、籾の品質に影響を与えるのかどうか、乾燥ガスの水分の影響なども調査し、長期間安定して運転が可能かどうかを調査する。具体的には、過乾燥、胴割れ米の有無等を確認する。また、事業外で籾殻炭、籾酢は圃場試験を行い、稲を始め、野菜、果物などについてもその有効性を試験する。また、将来的には年間を通じて熱を利用できるシステムも検討する。想定されるのは、育苗施設への熱供給、農業ハウスの暖房、融雪用の熱源としての利用などである。また、籾殻以外のバイオマスを原料として、農閑期にも利用できるような検討も加える。
英文要約Title:Report of test result from 2006 to 2007. Field test of paddy drying system by using husk gasification heat sauce. This field test was an application for paddy drying system by using exchanged heat from exhaust heat of burning gas from smokeless furnace that was provided gasification gas of paddy. This gasification gas was produced by carbonizing facility for using most of unused paddy husk that storage at paddy processing facilities. Paddy husk is most suitable biomass because it is dried at 15% moisture content, formatted shape and store one place. In Japan, we have more than 4,000 of paddy processing plants those we called Country Elevator and Rice Center. If this field test will be end of successfully, this system should be popular on this area. In Japan, most of paddy drying systems are using heat by kerosene furnace. If we can replace this heat sauce from kerosene to paddy husk, we can prevent global warming and reduce fossil oil cost. Paddy husk that was exhausted paddy processing plant can be generated to make a heat for drying whole received raw paddy of this facility. Other hand, by-products those are charcoal of husk and husk acid will be used for soil improvement material on agricultural sector. So this facility is real recycling system and will be applicable for commercialization on cost side. On this study, we confirmed heat and math balance, reviewed husk collection system and storage, checked direct usage of combustion gas of gasification gas to use paddy dryer and surveyed unevenness of temperature on paddy dryer. Especially, we tried to study effect for quality of dried paddy, moisture of gasification gas and possibility of stable long term operation. Specifically, we checked over drying and cracked grain. Out of this field test, we tested farm field trial for charcoal of husk and husk acid and checked availability for Rice, vegetable and fruit. In future, we will study for usage of generated heat in operation for the full year. We expect for usage to heat supply of raising seedling, heating of green house and heat sauce for snow melting. And we will study for using some biomasses other than husk on agricultural off season.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る