成果報告書詳細
管理番号20090000000215
タイトル*平成20年度中間年報 新エネルギー技術フィールドテスト事業 地域バイオマス熱利用フィールドテスト事業 木屑燃焼熱利用木材乾燥事業
公開日2009/8/21
報告書年度2008 - 2008
委託先名山室木材工業株式会社
プロジェクト番号P07018
部署名新エネルギー技術開発部 バイオマスグループ
和文要約以下本編抜粋:a. バイオマスボイラプラントの設置・試運転・調整 平成20 年10 月までにバイオマスボイラシステムの設置を完了した。また運転中に燃料供給においてブリッジが発生したため、サイロの形状を変えることでブリッジ対策を施した。 バイオマスボイラとバックアップ用灯油ボイラの連動性について、各ボイラの起動圧力 設定を調整し、バイオマスボイラを最大限稼動させる設定を検討した。 b. ばい煙、木灰の環境分析 バイオマスボイラからのばい煙測定結果及び燃焼灰の試験を行なった結果、法の基準値内であることが判った。また、燃焼灰のエコセメントとしての利用可能性について検討した。 c. バイオマスボイラと灯油ボイラの連動性及び運転データの取得 バイオマスボイラの運転時間、チップ燃料使用量、蒸発量、灯油ボイラの灯油燃料使用量、乾燥機(NO.1-3)の蒸気量についての運転データを取得した。
英文要約“New Energy Technology Field Test Project, Local Biomass Heat Utilization Field Test Project, Project of Drying wood Utilizing Heat from Burning Wood Waste (FY2007-FY2008) FY2008 Annual Report. Result of Investigation and Achievement (1)Result of Investigation 1, Summary a, Biomass Boiler Plant -set up, workout, adjustment- Our biomass boiler pant have set up in October 2008. The shape of silo has changed to avoid to being brige because bridge was happened on fuel feeder when the boiler was working. About coordinaration of the biomass boiler and the kerosene boiler for backup, we have examined and adjusted steam pressure of each boilers to make the best setting for the maximum operation of biomass boiler. b, Environmental Analysis -smoke, ash- The results of chemical analyses of smoke and ash made by the biomass boiler, any chemical substance were under the low standard. The possibility of utilization for "eco cement" from the ash have considered. c. Biomass Boiler and The Kerosene Boiler -coordinaration and operate logs- We have recorded operate logs ; operate time, consumption of wood tip fuel and mass of steam from the biomass boiler, consumption of fuel from the kerosene boiler and mass of steam from driers(No.1-3).
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る