成果報告書詳細
管理番号20090000000239
タイトル平成19年度-平成20年度成果報告書 バイオマス等未活用エネルギー実証試験事業・同事業調査 バイオマス等未活用エネルギー実証試験事業 雪と寒剤の混合による低温冷熱利用システムに関する実証試験事業
公開日2009/8/21
報告書年度2007 - 2008
委託先名財団法人若狭湾エネルギー研究センター
プロジェクト番号P02057
部署名新エネルギー技術開発部 バイオマスグループ
和文要約平成19年度には、前年度に実施した第4回目の雪入れ・雪冷却作業及び一部データ採取に引き続いて各種試験とデータ解析を実施し、更に第5回目の雪入れ作業を行った。平成20年度には、最終の各種試験とデータ解析を実施した。平成19年10月には、低温寒剤溶液配管及びポンプの調査を実施し、閉塞・摩耗等の不具合が皆無であることが分かった。1.雪冷却性能試験:平成19年2月から3月にかけて、雪入れ作業及び10日間の雪冷却作業を実施した。使用寒剤量を前年までの半分で行ったため、貯雪室の雪塊温度は前年までより高めの0--4℃となった。その後の自然融雪開始については、雪冷却しない場合より約40日間遅くなることが分かったが、これは前年までより約20日間短い。平成20年2月の雪入れ作業後は、雪冷却作業を実施せずに寒剤使用時との比較を行った。2.断熱性能試験:平成19年7月2日の冷房開始時点における残雪量は当初貯雪量の約83%であり、平成20年7月2日時点の残雪率は80%であった。200mm厚の断熱材による貯雪室断熱性能は充分と考えられる。3.冷房運転・省エネ評価試験: 平成19年は、7月2日から8月22日まで51日間の冷房連続運転を実施して、マイタケ工場の冷房効果に関しては全く問題ないことを確認した。電力削減量は約3,600kWh、金額換算量は約89千円であった。平成20年は、7月2日から8月11日まで40日間の冷房連続運転を行い、電力削減量は約3,400kWh、金額換算量は約85千円であった。4.6年間のまとめ:寒剤によって雪の冷熱密度を高めることが可能であること、雪を利用する冷房と農産物の一時貯蔵については問題がないこと、使用済寒剤溶液は道路の凍結防止剤として充分に再利用できることが分かった。ただし、経済性に関しては「寒剤関連費用と雪入れ関連費用は除外する」という考え方が必要であり、次のような捉え方が必要と思われる。・使用済み寒剤を、夏季に何らかの方法(例えば太陽熱利用)で濃縮化して再利用する。・あるいは、寒剤を道路管理者からの一時借用という形にする。・雪入れ作業は、道路管理者による排雪/除雪作業の一部として実施する。契約管理番号07000548-0
英文要約Project name: Product report of 2007-2008 fiscal year. The demonstration test of the cold thermal utilization system by mixing the snow and the freezing mixture  The following tests and the data analysis, and the fifth snow storage work were done in 2007 fiscal year, after the fourth snow storage and cooling work and the initial data acquisition, which were done in 2006 fiscal year. In 2008 fiscal year, the final tests and the data analysis were done. The investigation of the cold thermal mixture pipes and pumps in October 2007 proved that they had no malfunction.1. The snow cooling test : The snow storage and the 10 days cooling work were done in February and March 2007. By this snow cooling work, the temperature of the stored snow fell down to 0 to 4 degrees centigrade of frost at surroundings. And we confirmed that the melting of the stored snow was delayed 40 days approximately, by means of the temperature measuring in the stored snow mass. After the snow storage in February 2008, no cooling work was done, because we intend to check the effect of the freezing mixture. 2. The insulation performance test : The total remained percentage of the stored snow was 83% approximately at July 2 2007 when the cooling operation of Maitake growing facility was started. In 2008, it was 80% at July 2. So we confirmed that the insulation performance of the snow storage house is adequate. 3. The evaluation of the cooling operation and the saving energy : The performance of the 51 days cooling operation of Maitake growing facility, which was done from July 2 to August 22 2007 by utilization of all the stored snow, was good as we expected. Approximate 3,600 kWh electric power was saved by this operation, and it is equal to approximate 89,000 yen. In 2008, they were 3,400 kWh and 85,000 yen by the 40 days cooling operation from July 2 to August 11. 4. Conclusion : We understood 1.We can increase cold energy of the snow by mixing with the freezing mixture, 2.We have no problem on the cooling operation by the snow and the temporary storage of the farm products in summer, and 3.The waste freezing mixture solution is useful enough as the cryoprotectant of the roads. About the economy, a way of thinking to exclude the freezing mixture-related expense and the snow storage work expense is necessary, and it seems that these three points are necessary. 1.Concentration and reuse of the waste freezing mixture solution by some kind of method (by the solar heat, for example) in summer, 2.Temporary borrowing of the freezing mixture from the road authorities, and 3.Snow storage work as a part of the snow removing work by the road authorities. 07000548-0
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る