成果報告書詳細
管理番号20090000000245
タイトル平成20年度成果報告書 バイオマス等未活用エネルギー実証試験・同事業調査 バイオマス等未活用エネルギー実証試験事業 雪山による簡便冷房システム実証試験事業
公開日2009/8/18
報告書年度2007 - 2008
委託先名山形県尾花沢市
プロジェクト番号P02057
部署名新エネルギー技術開発部 バイオマスグループ
和文要約1.共同研究先の名称:山形県尾花沢市 2.実施場所:山形県尾花沢市若葉町1-1-3 (尾花沢市役所敷地内) 3.バイオマス・雪氷の種類:雪 4.事業概要 本年度は実証試験最終年度であり、平成17年度から平成19年度までの実証試験結果の再確認に主眼を置き、本年度を含め4年間のまとめを行った。また、今までの実証試験結果を充足させるために、側壁空洞の観察、本システムの省エネ・環境負荷の評価及び環境衛生面の詳しい調査を行った。主な試験期間は平成20年4月から9月であり、このうち冷房を使用した期間は試験運転も含めて同年6月から8月末である。本年度の結果 1)側壁空洞の拡大する様子を観察した結果、7月下旬から8月上旬の1週間において、採熱室からの距離にして約18cm拡大していることが確認された。しかしながら、拡大傾向に関しては不確定な要素が多く結論には至らなかった。2)本システムの省エネ効果及び環境負荷に関する調査及び試算を行った結果、従来のヒートポンプ式エアコンよりも電力消費量及び二酸化炭素排出量が1/10-1/20であることが分かった。また、継続的利用に関して、雪山保存のための断熱シートがランニングコストの大半を占めることが明らかとなった。3)冷房能力を計算するために、本システムの空気の循環量を測定した際に、実際に循環している空気量が冷房室で吹き出している空気量の約9%であることがわかり、残りの約91%が外気を取り入れていることが明らかとなった。4)戻り管内(内管と外管の間の環状流路)における、結露水や粉塵などによる汚れを調査した結果、目視による観察では顕著な汚れは確認されなかった。5)環境・衛生面に配慮し、冷房稼動開始直後(前)と冷房稼動してしばらく後の2回、冷房室の空気質調査及び融雪水プールの水質調査を行った。いずれも、安全基準以内にあることが確認された。6)本システムの三重構造断熱シートによる雪山保存方法では、初期雪山体積を約2000立方メートルにすることで、夏季の冷房期間に必要な雪氷を保存することができることがわかった。8)今後の民間への応用展望として、融雪水の有効利用や雪山地下の低温土壌の大地採熱管による大地熱の利用が挙げられた。
英文要約Title:Verification test about Unhamessede energy such as Biomass  Project of verification test about simple air conditioning system using dumped snow mountain. (FY2006)Final Report. 1.Name of the joint research destination
Obanazawa-city, Yamagata 2.Enforcement place 1-1-3,Wakaba-cho, Obanazawa-city, Yamagata (Obanazawa-city office site) 3.Kind of Biomass / Frozen or Snow Snow 4.Outline of project This final report summarizes simple air conditioning system using dumped snow mountain tested from 2005 to 2008 in Obanazawa-city. This air-conditioning system consisted with air blowers set on air-conditioned room, refrigerant unit covered with snow and double tube conecting air-conditioned room and refrigerant unit.Air cooled in refrigerent unit is supplied into air-conditioned room via a double tube. It is confirmed that this system works well as air-conditioning system particularly in terms of dehumidification performance. This final season, especially, volume change of snow mountain, cooling capacity, health and safety and effect on energy saving and greenhouse gas reduction are focused. From the results of this test, it is summaraized as follows. a) It takes 2000 cubic meter snow mountain to keep air conditioning until end of August. However, internal thawing process remains incompletely understood. b) Average cooling capacity is about 6-7 kW for each room. Electric power consumption and carbon-dioxide emissions are from 1/10 to 1/20 of that of air-conditioning heat pump. c) Melted snow and indoor air quality comply safety standards. For all of these reasons shows the availability of this system.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る