成果報告書詳細
管理番号20090000000247
タイトル平成18年度-平成20年度成果報告書 新エネルギー技術フィールドテスト事業 地域バイオマス熱利用フィールドテスト事業 津山市木質バイオマス燃料ボイラー実用化システム検討事業
公開日2009/8/26
報告書年度2006 - 2008
委託先名岡山県津山市
プロジェクト番号P07018
部署名新エネルギー技術開発部 バイオマスグループ
和文要約国内全体を見てみると、木質バイオマス燃料ボイラーの導入は増えているものの、同燃料特有のタイムラグや水分の影響を評価した事例は皆無である。 この種のボイラーを普及させるためには、前記の問題点に対する解決策を見出すことが必要である。そのため、我々は、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)との共同研究として、2006年度からこの事業に取り組んできた。 このプロジェクトで得られた検討結果は以下の通りである。 (1)チップボイラーの運転状況を見ると、安定的に温度コントロールできていることが分かる。 (2)出荷時のチップ燃料の含水率推移を見ると、40%以下を維持していることが分かる (3)気温が低いときの運転状況を確認すると、バックアップ用の灯油ボイラーが稼動していることが分かる。その結果、年間平均負荷は69.4%であり、年間平均エネルギー効率は74.8%であることが分かった。 津山地域でバイオマス燃料を普及させるためには、チップボイラーシステムの効率の良い運転手法を確立すると同時に、燃料の地産地消を目指した取り組みが必要である。 その結果期待される効果は、原油消費量の削減、二酸化炭素の排出量削減と燃料コストの削減であり、さらに、周辺市町村への導入が進むことで、林業振興、森林保全等への効果も期待される。
英文要約Title : Field test project on Local Biomass Heat Utilization The examination of practical boiler system used woody biomass-derived fuels in TSUYAMA City (FY2006-FY2008) FY2008 Final Report The introduction of the woody biomass-derived fuel boiler have increased in the entire country, though, the cases that evaluates the influence of peculiar time lag and moisture of this fuel, are none at all. It is necessary to find the solution to the above-mentioned problems so as to spread this type of boiler.So, we have been working on these issues from the 2006 fiscal year, as joint research with independent administrative agency New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO).Results of various studies acquired in this project are as follows. (1) The operating situation of the chip boiler shows that temperature is stably controllable. (2) Transition of the moisture content of the chip measured at the time of shipment of a biomass fuel has stably-maintained 40% or less. (3) On condition of the low temperature, it turns out that the kerosene boiler for backup is operating. So, the annual average load factor is 64.9%, the annual average energy efficiency is 74.8%. To popularize the use of biomass fuels in TSUYAMA region, we still need to establish efficient operating method of the system and to establish “ local production for local consumption “ of the fuels. When these targets are achieved, the reduction in the consumption of crude oil, the abatement of emission of carbon dioxide, and the reduction in the fuel cost are expected. In addition, the effect to the spread of the woody biomass-derived fuel boiler to the surrounding area, the forestry promotion, and the forest conservation, etc. is also expected.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る