成果報告書詳細
管理番号20090000000264
タイトル平成15年度-平成19年度成果報告書 新エネルギー等地域集中実証研究 京都エコエネルギープロジェクト
公開日2009/8/25
報告書年度2003 - 2007
委託先名富士電機システムズ株式会社 アミタ株式会社 株式会社大林組 日新電機株式会社 株式会社野村総合研究所 京都府 京都府京丹後市
プロジェクト番号P03038
部署名新エネルギー技術開発部 系統連系技術グループ
和文要約本京都エコエネルギープロジェクト(KEEP)は新エネルギー等地域集中実証研究を平成15年度-平成19年度の5年間実施してきた。本KEEPは、電力会社の既設電力系統を使用し、仮想マイクログリッドにおける同時同量システムの開発・実証、および仮想マイクログリッドシミュレーションによる各新エネルギー施設規模や需要家負荷規模などに対する同時同量制御の可能性やマイクログリッドとしての自立運転の可能性などを行っている。具体的な目的は●実需要家を対象とした安定な系統にやさしい電力供給の実現、●太陽光発電、風力発電の出力変動分をバイオガス発電(ガスエンジンと燃料電池)、二次電池により補う電力需給バランス制御の実施、●日本のどの地域でも利用が可能な汎用通信回線を利用したデータ転送システムによる、電力需要量にあわせて供給が可能なシステム(同時同量システム)の構築、●連系する電力系統への影響度を検証、などである。  本KEEPの研究の成果により、将来は日本のどの地域でも様々な新エネルギー等を組み合わせたシステムによる電力供給の可能性を示すことである。本報告では、「仮想マイクログリッド」での実証検証の狙いから、以下の項目の成果について述べる。  1.KEEPにおいて導入された各新設施設の概要、施工、運転実績,施設運用の成果など。2.対象施設が最大約十数キロメートル離れた距離に分散する現地の実証試験フィールドでの同時同量システムの実現(実現性可能なシステムであること)。・時刻同期または時刻認識できる計測データであること,既設盤へ追加可能なコンパクトで非接触センサーによる計測器と計測データの汎用通信網伝送の実現 ・汎用通信網(NTT回線のADSL、ISDN)の利用と実現性証明 ・精度上から10秒周期での全計測値の収集のできる計測システムの実現  3.電力会社の配電系統を使用したことの開発アイテム。 ・電力系統への影響の少ない同時同量システムの開発 (系統変動を少なくするための短周期高精度同時同量制御5分3%の実現し,制御のための連系点(仮想)での潮流の変動が小さくできること) ・各新設した太陽光・風力・バイオガス発電等新エネルギー施設の系統接続上での影響度が小さいことの証明  4.農村地域(京丹後市)でも新エネルギー拡大、マイクログリット実現の可能性の追求。 ・系統連系できる自然エネルギーに起源する太陽光発電・風力発電の可能性検証 ・同時同量制御する上でのバイオガス燃料の発電機・燃料電池の可能性検証  (原料調達、バイオガス発電施設の連続安定運転などの確立、経済性検討) ・熱エネルギー、バイオガス発生施設からの資源回収の可能性  5.新設施設のモデル化および実系統データ(負荷・系統)のモデル化によるシミュレーション技術とモデルの同定と同時同量制御システムおよび自立運転のシミュレーションの実現。   また、KEEPにおける各新設施設や実施研究項目の目的、工程、実施内容、成果、今後の課題・展開をまとめ、本KEEP(京丹後市)固有の知見も含めてガイドブックに報告する。
英文要約Title: Development Item "Regional Power Grid Demonstrative Project with Various New Energy Sources, Kyoto Eco-Energy Project" (FY2003-FY2007) Final Report Kyoto Eco-Energy Project (hereinafter refer to as KEEP) has been implemented Regional Power Grid Demonstrative Project with Various New Energy Sources for five years from FY 2003 to FY 2007. By utilizing existing electrical power system, the KEEP has developed and verified supply-demand balancing control system by virtual microgrid. In addition, it has been explored the possibility of supply-demand balancing control system for different scale of the facilities for new energies and the loads of customer by virtual microgrid simulation or capability of self-sustained operation as microgrid. Objectives and the targets of this project are to actualize stable power supply for customers with reducing the load of electrical power system, to implement demand and supply control by making up the difference for fluctuation amount of the energy output generated by photovoltaic generation and wind power generation with power generations by biogas and rechargeable battery, to construct the system that can provide electricity adjusted by the demand through data transfer system utilizing general purpose communication lines, which are available to use in any region thorough out Japan (this system can be called as a supply-demand balancing control system), to verify the degree of incidence for interconnected electrical power system, etc. Based on the results of the KEEP's research, the objective of the project is to show the possibility of electricity supply provided by a system, which combines various and new source of energy in any region throughout Japan in the future. In this demonstrative research report of KEEP, we focus on the results listed below in the light of verification of demonstration research by the virtual microgrid. 1) Reporting on outline, construction, actual operation and result of the operation for newly installed facilities for this demonstrative research of Kyoto Eco-Energy Project. 2) Actualization of the supply-demand balancing control system in the verification test field on site, where the objected facilities are dispersed in remote areas up to dozens of kilo meters away each other. 3) Developed items to use the electrical power system of power companies. 4) To pursue the possibility of the expansion of the use for new energy sources and actualization of microgrid in rural area in Kyotango-city. 5) To establish the technology of the simulation through the modeling of new facilities, loading and systematic data of actual electrical power system. In addition, Actualization of the identification of the model, supply-demand balancing control system and simulation of self-sustained operation. Furthermore, we will summarize the newly installed facilities, purpose of the items of the demonstrative research, its process, implementation contents, its achievements, future development and issues of this Kyoto Eco-Energy Project. The achievements including the peculiar knowledge of KEEP (Kyotango-city) will be reported as a guidebook.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る