成果報告書詳細
管理番号20090000000291
タイトル*平成20年度中間年報 新エネルギー技術研究開発 バイオマスエネルギー等高効率転換技術開発(先導技術開発) バイオマスガス化ー触媒液化による輸送用燃料(BTL)製造技術の研究開発
公開日2009/8/21
報告書年度2008 - 2008
委託先名三菱重工業株式会社
プロジェクト番号P07015
部署名新エネルギー技術開発部 バイオマスグループ
和文要約以下本編抜粋:1. 研究開発の内容及び成果等 1.1 研究背景及び研究分担 将来にわたってバイオマスエネルギーの普及をより持続的に展開するためには、バイオマスエネルギー利用に関し長期的視野に立ち、先進的且つ革新的な技術の「シーズ」の探索、及びこの「シーズ」の育成を行うことが、日本独自の新技術を開発し、将来のエネルギー確保に寄与することにつながると言える。このような観点から、2020-2030 年頃の実用化が期待できる基礎技術のうち、ガス化及び触媒液化(FT 反応)による輸送用燃料製造技術の研究開発を実施する。 本提案では、バイオマスから効率よく輸送用液体燃料(BTL やBHD 等の高品位軽油代替燃料)を製造するために、自己触媒作用等を利用したガス化率向上とガス組成改善、脱硫触媒の検討、
触媒液化工程などの改善などに加えて、ガス化で副生するCH4、CO2 等のCO への触媒変換工程を新たに取り入れることを特徴とする。またこれらの各検討項目から得られたデータを集積し、マスヒートバランスの検討を行い、システム効率向上を図る。
英文要約Title: High Efficiency Bioenergy Conversion Project/ Development of Preparatory Basic Bioenergy Technologies/ Development of Transportation Fuel (BTL) Product Technology with Biomass Gasification and Catalytic Liquefaction (FY2006-FY2009) FY2008 Annual Report The purpose of this research is to develop the transportation fuel production technology with biomass gasification and catalytic liquid fuel synthesis. We are working on the three themes, utilization of low-grade waste biomass, improvement of BTL synthesis efficiency with gas composition control catalysts, and total system optimization of BTL plant in order to achieve the target of the BTL energy conversion ratio from biomass (0.48). For using the low-grade waste biomass, the gasification kinetics of three kinds of palm residue (EFB, PKE, and Shell) were investigated with drop tube furnace (DTF). Based on the test result, we are planning design the gasifier for using these biomass. Furthermore, as the method BTL synthesis efficiency improvement, two kinds of catalysts for methane conversion and CO shift are considered. This year, CO shift catalyst facility was designed and installed to the test plant. Methane conversion catalyst developed by AIST is also installed to the test plant and tested with CO shift catalyst next year. Total system optimization will be performed according to the test result of total plant operation next year.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る