成果報告書詳細
管理番号20090000000292
タイトル*平成20年度中間年報 新エネルギー技術研究開発 革新的太陽光発電技術研究開発(革新型太陽電池国際研究拠点整備事業) ポストシリコン超高効率太陽電池の研究開発(ナローバンドギャップ太陽電池)
公開日2009/8/21
報告書年度2008 - 2008
委託先名兵庫県立大学
プロジェクト番号P07015
部署名新エネルギー技術開発部 太陽電池グループ
和文要約以下本編抜粋:1. 研究開発の内容及び成果等 (1)研究開発の内容 4接合太陽電池のナローギャップ領域での光電変換を可能とする第3ジャンクションセルおよび第4ジャンクションセル、さらにはそれらからなる2 接合セルを開発する。ナローギャップ用光電変換材料としては、銅およびニッケルを中心とした元素を含む硫黄系およびセレン系ナノ結晶粒子を第一ターゲットとし、ドーパントを変化させることでバンドギャップコントロールを行なう。化学手法の特徴を生かし、効率良く系統的に材料の研究開発を行ない、それらのナノ結晶粒子を使用してインクを調整し、スクリーン印刷により半導体膜の創製を行うとともに、セル化技術の研究開発を行なう(図1)。本中間報告では、平成20 年10 月から開始された本プロジェクト立ち上げのために、導入した装置の概要を説明する。
英文要約Study for Materials of Narrow-Band Gap Solar Cells Seigo ITO Department of Electrical Engineering and Computer Sciences, Graduate School of Engineering, University of Hyogo. Developing sub-cells with narrow-band-gap materials is essential to boost photon-to-electricity conversion efficiency of multiple-junction solar cells. In order to fabricate 4-junction tandem solar cells, we are creating narrow-band-gap materials for the 3rd and 4th layer, resulting in a double -junction solar cell using these narrow-band-gap materials. The main materials of the solar cells are inorganic compounds with Cu, Ni, Se and S (CI(G)S analogues) atoms. The band gap will be controlled using doping materials. Chemical and/or mechanochemical synthesis methods are employed (Fig.1(a)), which are convenient, efficient ways to explore the doping materials as well as new host materials. We set the equipments for XRD patterns, SEM observations, and UV-VIS-NIR absorption spectra of narrow band-gap inorganic material in October 2008 to March 2009.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る