成果報告書詳細
管理番号20090000000296
タイトル平成19年度-平成20年度成果報告書 化学物質の最適管理をめざすリスクトレードオフ解析手法の開発/マテリアルフロー解析による環境排出量推計手法の確立
公開日2009/8/25
報告書年度2007 - 2008
委託先名株式会社三菱化学テクノリサーチ
プロジェクト番号P07034
部署名環境技術開発部
和文要約「リスクトレードオフ解析手法」の開発は、ヒト健康や生態へのリスクが懸念される化学物質を同一用途群の他の化学物質に代替する場合に、被代替物質および代替物質のリスクを科学的・定量的に比較するとともに、費用対効果の社会経済分析も併せて行うことにより、化学物質の最適管理をめざすものであり、(独)産業技術総合研究所(産総研)を中心に研究を実施中である。
リスクの評価には有害性情報と曝露情報が必要であるが、被代替物質、代替物質ともにこれらの情報が十分に得られていない場合が多い。曝露量算出には、その基礎として化学物質の環境排出量の把握が必要であり、この推計手法を確立すべく、マテリアルフロー解析を当社が、ミクロフロー解析を産総研が分担担当し、研究を2カ年計画として一昨年8月に開始した。
研究対象とする化学物質の用途群としては、研究基本計画で対象とする洗浄剤、プラスチック添加剤、溶剤・溶媒、金属類及び家庭用製品の5用途群のうち、本研究では洗浄剤とプラスチック添加剤(以下、「2つの用途群」という)を優先着手した。
洗浄剤については、ハロゲン系(塩素系等)、炭化水素系、水系(準水系を含む)等を対象とし、主に水系洗浄剤のマクロマテリアルフロー解析を行った。
解析実施に当たり、水系,準水系,炭化水素系の洗浄剤について、文献・メーカーカタログおよびヒアリングから基礎データ(組成、物性、使用量推移等)を収集・解析し、更に水系洗浄剤に関し、PRTRデータと詳細な記載のある企業公開の環境報告書等のデータとの比較、解析により、マクロマテリアルフロー解析において中心となるデータである排出係数について、妥当性のある数値を提案した。
プラスチック添加剤については、幅広い樹脂に関する添加剤として可塑剤・酸化防止剤・光安定剤・塩ビ安定剤・難燃剤の5種を対象とし、マクロマテリアルフロー解析可能とするフレームワークを構築した。
内容としては、先ず、プラスチックの国内需要量について、プラスチックの廃棄量、ストック量算出の基礎データとなる1981年以降の樹脂別および製品品目別のデータを整備した。なお、統計データには欠落が多いため、補完する推定方法を確立した。
次にプラスチック添加剤の使用比率、配合割合のデータを整備した。ある樹脂に関する添加剤の使用される比率(例えば難燃剤であれば、ある特定の樹脂に関して、難燃剤Aの使用される比率が50%、Bが30%、Cが20% など)は、業界でも全く把握されておらず、また、配合割合も明確ではないため、両者の推定方法を検討し確立した。
英文要約Development of "Risk Trade-off Analysis Method" aims at optimal management of chemicals. It is accomplished to unify both socioeconomic analysis for cost-benefit performance, and risk assessment to human health and ecosystems, on original chemicals and substitutes scientifically and quantitatively when it substitutes original chemical in same usage. In Japan, the research is being executed concerning on National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST).
It is few in both original chemicals and substitutes to obtain this information enough though hazard and toxicity information and exposure information are necessary for risk assessment. The grasp of the environmental exhaust amount of chemicals is necessary to estimate the amount of exposure. Mitsubishi Chemical Techno-Research took charge of material flow analysis and AIST took charge of micro flow analysis respectively, and the research began as 2-year plan in August, 2007.
In this report, we have mentioned on two typical end-usages, abstergent and additives for plastic materials, although five application categories (abstergent, additives for plastic materials, solvents, metals and house hold goods) shown in basic research plan.
About abstergents, the result of macro material flow analysis was reported mainly on water based abstergents selected from some categories, halogenated abstergents (including chlorinated series), hydrocarbon abstergents and water based abstergents (including semi-water based series). When the analysis was executed, basic data (compositions, physicochemical properties and transition of amount used, etc.) for water based abstergents, semi-water based abstergents, and hydrocarbon abstergents were collected from documents, literatures (including MSDS and catalogues from manufacturers) and interviews with experts. In macro material flow analysis for water based abstergents, it proposed the emission factor with validity according to the comparison of PRTR data and the environmental reports.
About additives for plastic materials, frameworks that enabled macro material flow analysis were constructed on five additives (plasticizer, antioxidant, light stabilizer, polyvinyl chloride stabilizer and flame retardant). First, the basic data was collected to clarify the amount of waste and stocks for the domestic demand for plastic materials. There were according to the products and the resins after 1981. The presumption method of the supplementation was established because there were a lot of lacks in these statistical data. Next, data of the using ratio and the mixing ratio of additives for plastic materials was collected and arranged. As for additives ratio in a resin, it is rarely reported by the industry at all and the mixing ratio is also not clear either. Therefore, the method of presuming both ratio values was established.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る