成果報告書詳細
管理番号20090000000297
タイトル平成20年度成果報告書 戦略策定調査事業 化学物質総合評価管理技術に関する戦略ロードマップローリング調査
公開日2009/8/25
報告書年度2008 - 2008
委託先名みずほ情報総研株式会社 神鋼リサーチ株式会社
プロジェクト番号P99029
部署名環境技術開発部
和文要約経済産業省と独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構では、平成13年度より「化学物質総合評価管理プログラム(「環境・安心イノベーションプログラム」の化学物質評価管理分野に平成20年4月改訂)」を実施している。同プログラムは、経済産業省が同年度より実施している「研究開発プログラム」の一つであるが、これらプログラムに対して「技術戦略マップ」が策定されてきている。同マップの目的は、経済産業省の研究開発投資を国民に説明し、研究開発プロジェクトの企画立案のための政策インフラを整備し、わが国の異分野・異業種の連携、技術の融合、関連施策の一体的実施を促進すること等である。
 本調査では、まず化学物質総合評価管理分野について、分野全体の考え方を示す図として、「化学物質総合評価管理技術の考え方」を取りまとめた。さらに、平成18年度に実施した「化学物質総合評価管理技術開発に関する戦略的ロードマップローリング調査」の成果を踏まえ、2030年頃までの短期、中長期的な観点に立って技術マップ及びロード技術戦略マップのローリングを行った。なお、平成18年度まで「リスク評価・管理」と「リスク削減」技術の2分野で策定されてきたため、本調査でもこれを踏襲し、2分野別にローリングを行うこととした。
 リスク評価・管理分野については、平成18年度までのローリングによって策定された技術マップ、ロードマップを産官学および国民のコミュニケーションツールとして有用なものとするため、よりわかりやすくすることとした。技術マップについては、重要技術について、各技術の意義や目的の説明を付し、他の関連する技術との関係を示した。また、ロードマップについては、技術の関係を整理した「技術の関係図」と、技術の方向性が一目で分かる「ロードマップの俯瞰図」を作成した。ベンチマークについては、技術的な評価手法開発・データ収集に関する国際協力・国際調和への我が国の貢献と各国のリスク評価の実施状況について、比較を行った。
 リスク削減分野については、まずユーザーの目線に基づいて、技術マップでは産業、広域、生活という「技術が役立つ場」の分類を行った。それぞれの場に、環境媒体の大気、水質、及び土壌とそれぞれの媒体から排出される廃棄物を分類した。さらに平成18年度の技術シーズをベースに、196件の技術シーズを抽出し、評価して、重要技術103件、一般技術93件を選定した。ニーズの取り込みにあたって、取扱量の多い化学物質、取扱事業所の多かった化学物質などを分析した結果、VOC、難分解性物質等(環境中において生物学的または非生物学的に容易に分解されない物質)、重金属類の物質群が上位を占めていた。技術マップの俯瞰図を物質群とその技術例で示した結果、重金属類と難分解性物質等が各環境媒体及び廃棄物に共通する物質群として示すことができた。以上をもとに、重要技術の技術マップ、技術開発シナリオ、物質群ごとの削減シナリオから、重要技術のロードマップを作成した。最後に、ベンチマークについては、わが国の有害化学物質削減に係る環境技術は、大気、水域及び廃棄物分野において強みを有し、アジアのシェアが高い。とくに、排煙脱硫技術、膜技術、焼却技術に優れている。
英文要約This research was conducted for revising a "Strategic Technology Roadmap (STR) 2008" of Ministry of Economy, Trade and Industry (METI) for a field of the Comprehensive Chemical Substance Assessment and Management (revised to the field of Chemical Substances Assessment and Management of "Environment and Security Innovation Program" since April 2008). Purposes of STR is to explain to the public about the R & D investments by METI, arrange policy infrastructures for planning R & D projects and promote cooperation among different fields or industries in our country, fusion of technologies and integrated implementation of related facilities.
In this research, the diagram showing the concept of the Comprehensive Chemical Substance Assessment and Management was created. Then STR for a field of Comprehensive Chemical Substance Assessment and Management was revised in each two fields, risk assessment and management ("RA & RM") and risk reduction technology ("RR").
About STR for RA & RM, in order to make it more useful as a communication tool of industrial, administrative and academic sectors and people, we decided to make it more intelligible. Regarding the technical map, important technologies were shown with descriptions of the significance or purpose of them and relationships with other related technologies. Regarding the road map, an "association chart of technologies" to show relationships of technologies and a "bird's-eye view of the road map" to understand the directions of technologies at a glance have been prepared for reference documents. And as benchmarks, contribution of Japan to international cooperation and international harmonization and the number of risk assessment reports were compared with other countries.
About STR for RR, from the viewpoint of users, the technical map this year was classified into the fields where technologies are available as follows: industry, broad area, and life. Each field was further classified into air, water, soil and wastes based on environmental media. Based on the technical seeds in 2006, 196 technical seeds in total were extracted and evaluated. 196 technical seeds consist of 103 important technologies and 93 general technologies. The results of investigation on chemical materials with high transaction volume or with many transaction offices that were carried out to extract technical needs show that such categories as VOCs, persistent substances and heavy metals should be studied with high priorities. The overhead view of technical maps shows that both heavy metals and persistent substances (materials which are not easily decomposed either biologically or non-biologically) are in common for each environmental media. Based on the technical map for important technologies, the R & D scenarios and reduction scenarios for each material, the roadmap was made for important technologies. Regarding benchmark, environmental technologies regarding reduction of hazardous materials in Japan are superior in the fields of air, water and wastes, and Japan has high shares in Asian countries. In particular, Japan is superior in flue gas desulfurization technique, membrane technique and incineration technique.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る