成果報告書詳細
管理番号20090000000310
タイトル平成20年度成果報告書 研究協力事業「環境リスクに対応した鶏糞と油脂含有農業廃棄物の高温共発酵メタン化処理の開発」
公開日2009/8/21
報告書年度2008 - 2008
委託先名株式会社日立エンジニアリング・アンド・サービス
プロジェクト番号P93048
部署名新エネルギー技術開発部 国際事業調整グループ
和文要約バイオマスエネルギーは地域資源でありエネルギー循環型の社会構築に非常に適合している。さらに大気汚染や地球温暖化問題の解決策として優れており化石燃料の代替燃料として有望である。このような背景から、年々高まる電力需要に対し、タイ国エネルギー省は養鶏などの畜産農家にバイオガス発電の導入を促進する計画を進めている。タイ国で発生する膨大な鶏糞や農業廃棄物からメタン発酵によってエネルギーを創出できるバイオマスプラントへの期待が高まっている。 当社は、当社と広島大学が開発したアンモニア発酵技術をメタン発酵前段に備え、鶏糞中に含まれるアンモニア態窒素をあらかじめ取り除くことで鶏糞をメタン発酵原料として利用するアンモニア・メタン二段発酵システムを構築してきた。一方、東北大学は油脂性原料を他の原料と混合し、共発酵させることにより高効率メタン発酵に成功している。本事業はこれらの開発成果を組み合わせ、鶏糞と油脂含有農業廃棄物を発酵原料として用いるメタン発酵システムを構築し、タイ国で運用することにより「環境リスクに対応した鶏糞と油脂含有農業廃棄物の高温共発酵メタン化処理の開発」を行うものである。 本年度の事業実施内容として、日量1トンの試験プラントを設計し、主要機器であるメタン発酵槽とアンモニア発酵槽および付帯設備をタイのSaha Farms Co., Ltd. に建設した。また、共同研究機関との連携により、タイの発酵原料に対する基礎研究を進めるとともに来年度の事業内容について検討した。
英文要約The biomass energy is a regional resource and it suits to construct an energy  circulation society. In addition, it is an excellent solution to the air pollution and the global warming issue, and promising alternative for the fossil fuel as well. Because of this background, to the increasing power demand every year, Thai Ministry of Energy is advancing the plan to promote the introduction of the biogas power generation to the stock raising farmer such as poultry farming etc.. The expectation against the biomass plants is increasing in Thailand. There are the biomass plants which energy can be created from the poultry manure and the agricultural waste by the methane fermentation.  We, Hitachi Engineering & Services Co., Ltd. have constructed the two-step Ammonia-Methane fermentation system that uses the poultry manure as a methane fermentation materials by removing Ammonia-Nitrogen beforehand with the ammonia fermentation technology co-developed by us and Hiroshima University which is used as a precursor step before the methane fermentation. On the other hand, Tohoku University has succeeded in the highly effective methane fermentation by the co-fermentation by mixing oil-containing materials and other raw materials. This project aims for "Development of high-temperature methane co-fermentation for treatment of poultry manure and the fat & oil-contenting agricultural wastes to cope with their environmental risks" by combining theses result of development to construct and operate fermentation system that uses the poultry manure and the oil-containing agricultural waste as a fermentation materials in Thailand. As a content of the project execution in this year, the examination plant of one ton per day capacity is designed and the methane fermenter, the ammonia fermenter and their associated equipment which were main components were constructed at Saha Farms Co., Ltd., Thailand. Moreover, the basic research to the fermentation materials in Thailand was carried by cooperation with the joint research organization and the activities in the next year are examined.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る