成果報告書詳細
管理番号20090000000070
タイトル平成20年度成果報告書 平成20年度 太陽電池モジュール・アレイ及び太陽光発電システム・周辺機器の標準化に関する調査研究成果報告書
公開日2009/9/12
報告書年度2008 - 2008
委託先名社団法人日本電機工業会
プロジェクト番号P07015
部署名新エネルギー技術開発部 太陽電池グループ
和文要約太陽電池モジュール・アレイ及び太陽光発電システム・周辺機器の安全性、信頼性、性能、試験方法等に関し、国際規格(IEC)との整合化を図り、以下の規格の検討・作成を行った。「パワーコンディショナ単独運転防止試験方法」については、対応するIEC規格と整合化を図ったJIS最終素案を作成、製品認証に必要な「太陽電池モジュールの安全適格性確認」のJIS最終素案の作成、及び「太陽光発電システムの電磁両立性」のTS最終素案を作成した。「パワーコンディショナ安全性設計標準」については、対応するIEC規格の検討を行った。
また太陽光発電システムの用語に関して、対応するIEC規格と定義の整合化を図り、既存JISの増補・改正の検討を行った。
英文要約The following standards have been deliberated and prepared allowing for a consistency with the requirements of the IEC international standards for safety, reliability, performance, testing method, etc. 
JIS final draft for "Test procedure of islanding prevention measures for utility-interconnected PV power systems" was made allowing for a consistency with the requirements of relevant IEC standard.
JIS final draft for "PV module safety qualification" necessary for product certification was prepared and TS final draft for electromagnetic-compatibility testing and measurement techniques for power conditioners of PV generating systems was made. Relevant IEC standards were also studied for standardization of "Safety design of power conditioners for use in PV power systems".
In addition, the supplement and revision of the existing JIS for "Glossary of terms for photovoltaic power generation" were studied to match the definitions with those of relevant IEC standard.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る